2017年10月18日水曜日

衛藤夏子「冬銀河遺伝子操作研究中」(『蜜柑の恋』)・・



 衛藤夏子・俳句とエッセー『蜜柑の恋』(創風社出版)、「船団」の俳句エッセーシリーズの中の一冊。坪内稔典の帯文には、

 なっちゃん(夏子)は自然体、そしてちょっとした幸せにとても敏感だ。このなっちゃん、小説と映画と俳句が大好き。家族と友だちを愛し、薬剤師を仕事とする。当年52歳、まさに働き盛りのなっちゃんのこの本は、読後の心を清爽にする。若葉風が吹いたようだ。

とあって、まさにその通りの俳句とエッセーである。幸せそうな人生がそこにある。愚生とは生きる上での真剣さ、心がけが違うようだ。羨ましいといえば羨ましい。巻尾に「わたしの十句と短いエッセーの章がある。その中に「櫛買って人想う夜十三夜」の句のエッセーの最後は、

 歳を重ねると、どういうわけか、欠けているところのある人間に魅かれます。どんな人間にも表と裏があり、強さと弱さがあります。若いころには、その人の表や強さに魅かれていましたが、、だんだんと裏や弱さ、愚かさに魅かれるようになりました。それは、すなわち、人間そのものが面白くて、好きになっているのかもしれないです。

 とあって、やっぱり、愚生は魅かれなくてもいいから?自身にもう少し強さがほしいな・・と思ったりした。もっとも、多くが、映画や小説、そして仕事のことについてのエッセーなので、著者を知るにはまたとない手軽に読める本なのである。
 ともあれ、引用するには、エッセーの良さも損ねてしまうので、直接、本書を読まれたい。ここでは、集中より、いくつかの俳句を以下に挙げるにとどめさせていただこう。

  星祭院内感染増殖中        夏子
  白シャツと黒の下着の採血日
  怒りんぼう淋しんぼうかも秋の雲
  過去に降り現在に降り外は雪
  ときめきを見透かしている夏の星
  雁渡る難民渡る境界線
  
衛藤夏子(えとう・なつこ)1965年、大阪府生まれ。





   

2017年10月16日月曜日

三丸祥子「秋の日の鳥とりどりや片辺(かたほとり)」(『翼の影』)・・



 三丸祥子第一句集『翼の影』(書肆麒麟)、表紙写真・著者、装幀・山田耕司。栞文は澤好摩に横山康夫。横山康夫は著者について、

 彼女はじつは鳥博士である。植物についても詳しい。それもそのはず、NPO法人希少物研究会の事務局長といふ偉い肩書を持つてゐる。タカの渡りやクマタカの観察などに同行させてもらふと、絶滅危惧種について熱く語る人なのだ。(中略)彼女は飛んでゐる鳥を瞬間的に区別できるらしいし、鳴き声を聴いて鳥を区別ができる。これも驚きである。(中略)野鳥観察といふ長年の鳥との関はりがあつて初めてできることであらう。渡り鳥を何時間も待ち続けるなど、その根気強さは折り紙付きなのである。

と記している。「円錐」大分句会からの俊秀である。また、著者自身も「あとがき」に「愛読書は植物図鑑です」と記し、かつ「大人になってからは野鳥図鑑も友とし、特にタカと親しくしています」とある。従って、句集名についても以下のように記している。

 また春秋に越冬地と繁殖地を行き来するハイクマやサシバ、ハイタカなどは中津市内を一望できる八面山が渡りのコースになっており、空ばかり見上げる日が続きます。当然ながらそれらを詠んだ句が多くなります。句集名の『翼の影』は「雲海に翼の影や試験終ふ」の一句からというより、この句集のあちこちに登場する鳥たちの翼の影なのです。

ともあれ、集中から愚生好みのいくつかの句を挙げておきたい。

   逃げ水の果てより鳶の生まれ出づ    祥子
   デイゴ咲く島より届きたる爆音
   逃げ水に溺れてゐたる雀かな
   空砲の音に影ある枯野かな
   残照の金柑は木に熟れ残り
   罅(ひびり)ある石に水遣る大暑かな
   棄て山や棄て田や葛は花盛り
   水際に秋沙(あいさ)揉まれて潜りけり
   鷹の眼の赤味をまして老いにけり
   からうじて人界にあり大西日
   イーゼルに絵はなく風に色はなし

 三丸祥子(さんまる・さちこ)、1957年大分県中津市生まれ。 



2017年10月14日土曜日

浅井民子「ラ・カンパネラ奔流となり夜の秋」(『四重奏』)・・



 浅井民子第二句集『四重奏』(本阿弥書店)、装幀・花山周子。集名の由来については著者「あとがき」に以下のように記してある。

 句集名『四重奏』は集中の句によるものではありません。俳句に関わることで、四季の移ろいが奏でる自然や風土、文化の豊かな滋味に気づき、触れ魅了されてきました。と同時に、四囲の人々、身近な家族に始まり、俳句につながる多くの方との得難い縁に恵まれ、友人知人のみならず同時代に生きる様々な方、世界との交流が醸し出す調べは私にとり何物にも替えがたく美しきものとなりました。その時空が音楽的で好ましく思われることから『四十奏』と名付けました。

 とはいえ、集名に少しこだわってみると、音楽に関わる句が意外にある。例えば、

   昼灯すヴィオロン工房鳩の恋     民子
   繰り返す自動ピアノや室の花
   十二月レノン好みの眼鏡選り
   横笛の横顔の翳花かがり
   黄落やサックス吹きのをみなたち
   初冬のアリア詩に酔ひ詩に泣けり
   幕間の黒づくめなる調律師
   能管の一節透くる梅月夜 
   ラ・カンパネラ奔流となり夜の秋

帯文は坂口昌弘、「あめつちへ深き祈りを大花火」の句を挙げて、

 造花に存在する森羅万象のいのちは光や音や匂いとなり、民子の詩魂の中で深い祈りのことばと化す。春夏秋冬は四時の楽器と化し、四十奏をかなでる。民子の句集は人と自然の共生を希求する。

と、惹句されている。ともあれ、愚生好みのいくつかの句を挙げておきたい。

   蚊遣焚くかもめ食堂潮時表
   人に倦み刻に倦みたり吾亦紅
   ことごとく陽を恋ふ形や冬木の芽
   蒼穹をゆらせる冬のあめんぼう
   かたかごや揺るるはさびし揺れざれども
   朝日あまねし武蔵野の枯木立

浅井民子(あさい・たみこ)、1945年、岐阜県生まれ。






藤尾州「寒鰤よ向かうに在るはチェルノブイリか」(『美濃白鳥』)・・



                                                
                   扉絵・小川二三男↑

 藤尾州第二句集『美濃白鳥(みのしろとり)』(木偶坊俳句耕作所)、表紙装画は小川双々子、本扉挿絵は著者(サインはFumio Ogawa)、藤尾州、じつは小川二三男か・・・その絵について「あとがき」に、

 (前略)小川双々子が二〇〇二年に「地表」で「山山や踊りに裸電球垂れ 双々子」という作品を発表していたのを思い出し、白鳥を代表する徹夜踊りをイメージ出来るような、それらしい挿絵を描いてみようと思い立ち絵にした。譬え拙かろうがそんなことに御構い無く、故郷尾張一宮以上に自然も友人もいっぱいの、ああ美濃白鳥よ・・・の思い入れである。羨ましそうに視る「その人」は藤尾州か小川二三夫男でもある。

そして、また、

本書は美濃白鳥に独居した二〇〇九年八月より二〇一五年七月までの六年間と、この地を離れてから今も機会があれば行き来している二〇一七年五月までの二二四句を収録した第二句集である。

と冒頭に記されている。
愚生と同じ団塊世代だからかもしれないが、句の心情に味わい汲みつくせないものがある。ともあれ、いくつかの句を以下に挙げておこう。

  家が涙す地に氷柱届きけり          州
  亡友幾人(ともいくたり)空蟬落ちず掴みをり
  陶物(すゑもの)に耳のありけり虫の声
  天は手妻黒き雲から雪を出し
  万の傘咲く花火師へ雨の降り
  はてしなき旅も果てあり浮寝鳥
  蜘蛛の囲に飛花囚はれてもう逃げず
  花筏まだ乗らずして見送れり
  白雪を裏返したり黒し苦し

 藤尾州 1948年愛知県生まれ。
  




2017年10月12日木曜日

友岡子郷「かなかなや同い年なる被爆の死」(『海の音』)・・



 友岡子郷第11句集『海の音』(朔出版)、句数232句、昨今の300句を越える、いや1000句以上の句集もある、全句集ならいざ知らず、最近流行の句数の多い句集には、少しうんざりさせられるところもあったのだが(年寄りには辛い、もっとも愚生のごとき老いぼれを相手にしていないのだろうけれど・・)、それから比べるとほどよい句数の句集である(愚生が若い頃は、ほとんどの俳人の句集は珠玉の作のみを収載した句数がさほど多くない、せいぜい200句程度だったように思うのだが・・・)。
 本句集名は巻尾の、

   冬麗の箪笥の中も海の音    子郷

からであろう。帯文は、かつての師・飯田龍太の言が再引用されて、飾られている。じつによく友岡子郷の作品の在り様を現わしている。

 子郷さんの作品には、木漏日のような繊(ほそ)さと勁(つよ)さと、そしてやさしさがある。人知れぬきびしい鍛錬を重ねながら、苦渋のあとを止めないためか、これでは俳句が、おのずから好意を示したくなるのも無理はない。
                      (句集『日の径』帯文より)

本集には、父母を詠んだ句にもしみじみしたものが多い。例えば、以下の句、

  父もまたひとりの離郷法師蟬
  父の軍歴山百合の数ほどか
  竹の物差に母の名夜の秋
    井原市
  悴みて父もくぐりし校門か

 飯田龍太の句集「あとがき」も短かったが、子郷も短い。それが沁みる。ともあれ、いくつかの句を以下に挙げておきたい。

   勿忘草ひとむら馬の水場なる
   鈴虫を飼ひ晩節の一つとす
   梨青し早世強ひし世のありし
   青蝗(いなご)子らの日々吾にありし
   絶壁の落椿また落ちゆけり
   まだ残る瓦礫のうへを春の鶸
   余り苗なぞや亡きひと想はるる
   平櫛田中(ひらくしでんちゅう)小春の版木積みしまま

友岡子郷(ともおか・しきょう)1934年、神戸市生まれ。



2017年10月7日土曜日

武山平「深海も深空も地球魂迎へ」(『開封』)・・



 武山平句集『開封』(文學の森)、集名に因む句は、

   開封は檸檬を齧る覚悟して      平

であろう。いつもながら親愛な序文は大牧広、
  
 「開封」、郵便物、ことに封筒の郵便物を切ってゆくとき、ゆえ知らぬ気持が胸をよぎる。
 すこしの期待、すこしの不安、こうした気持が胸をよぎるのでらる。
 著者の俳句は、そうした心地のよい不安感、希望、やがてゆきつくアクティブな心、そうした心情にいろどられていると見る。著者は教育職にあって、若い人達に、たしかな進路、思索といったものを導いていた。
 その自信が全作品にみちている。勿論人間である以上、自信と相対する不安や疑心もつたわるが、それらが詩的に発酵されて著者ならではの作品を成している。

 と記している。また、俳句について、武山平は「あとがき」で以下のようにいう。

 読めない漢字に意味不明の句(味わえない私)は無視していた私だったが、毎月衝撃的な俳句と出合い、俳句の不思議な世界に少しずつ魅せられていった。〈ひたすらにこの道行かう冬夕焼〉(平田房子)は当時の不安定な私に勇気をくれ励ましてくれた一句として、時々懐かしく思い出す。たった十七音なのに、しかもポエムであるのに、俳句はどんなに言葉を重ねても、文章では表現げきないような緊張感や広がりまでも表現できる器であることに気付き、楽しい驚きの連続であった。

 俳句との幸せな出合というべきである。ともあれ、いくつかの句を以下に挙げておこう。
武山平(たけやま・たいら)、昭和29年宮城県生まれ。石巻市在住。

  人参は日輪になりたくて赤
  おにぎりの心臓か梅干しの赤
  赤のまま挿して空缶に命
  緑さす震災ごみをまとひても
  風死すやかつて教科書死んだふり
  少年にピアスの光原爆忌
  手袋の五本の闇を疑はず







 

2017年10月6日金曜日

堀葦男「ぶつかる黒を押し分け押し来るあらゆる黒」(「一粒」83号より)・・



「一粒(いちりゅう)」第83号(一粒俳句会)、特集は「『俳句20章』の世界」。堺谷真人は「巻頭言」とともに「堀葦男かく語りきー『俳句20章』成立の背景と俳句文体論」を執筆している。堺谷真人は最晩年の堀葦男に師事している。その堺谷が、堀葦男に最初に会ったのは「昭和62年(一九八七年)六月、筆者は初めて『一粒』の月例句会に出席した。『先生の堀葦男いうのんは、関西前衛の旗手やったんや。知ってるか』『いいえ』。筆者を強引に勧誘した西村逸郎氏と事前にこんなやりとりがあった。『そらもう大変なロンキャクやったんやで』」(「巻頭言」より)。堺谷真人は1963年生まれだから、24歳の時である。西村逸郎の語り口、姿が髣髴とする。
 本号の堺谷真人の「資料1」には、その堀葦男著『俳句20章ー若き友へー』(海程新社・昭和53年9月刊、限定700部)の目次が紹介されている。初出は「海程」創刊号(1962年4月)から29号(1966年12月)まで23回にわたって連載された「現代俳句講座」に、加筆のうえ海程新社から発行されている。
 本著の特徴は当時の俳句作品をいわゆる伝統派から前衛派まで、具体的に作品をあげ、その特質を解明して、その共通する表現上の特徴を明らかにしている点であろう。同時にそれは、かの戦後俳句、昭和30年代の俳人の多くが現実生活と世界の在り様の真っ只中で苦闘していることも描出していよう。
 堺谷は「(一)音律と意味律との二重性」の部分で、以下のように述べている。 

 なお、葦男自身は特に説明を加えていないが、在来俳句が「句またがり」と呼ぶ表現を、句調に変化をつける技法としてだけでなく俳句独自の文体論から捉え返している点、俳句を二分節の文章とする意味律の規定によって、在来俳句が慣習的に忌避する「三段切れ」を予め排除している点などに「共通基盤」構築に向けた周到な用意を感じる。
 更に、分節と音の齟齬による「一種独特の深みや陰翳」には一句一行の棒書きのときに最もよく働くと考えると、俳句文体の効果を殺ぐ分かち書きや多行形式に対して堀葦男が慎重だったことも首肯できる。

 特集の他の執筆陣は、中村不二男「堀葦男の『俳句20章』の世界へ」、小野裕三「天上と地上に引き裂かれて」、伊藤佐知子「俳句上達の試み」。
今や、堀葦男のことを思い起こす俳人も少なくなった。貴重な特集だと思う。
 堀葦男(ほり・あしお)、1916年6月~1993年4月。東京市芝区(現・港区)生まれ。生後早々、神戸市に移り、関西に育つ。




 ともあれ、本号の「一粒集」から、一人一句を挙げておこう。

  睡蓮のあたり地下鉄掘れと云う    湖内成一
  名誉とは汝が花言葉凌霄花      鈴木達文
  路地二本同じ夕焼かかへたる     勢力海平
  摩文仁まで這ふ兵ありき蝸牛も    堺谷真人
  からまつはさびしとおもふ夏の霧   中村鈍石
  小刻みに震えて海の大西日      中井不二男
  薄暑光うなじにふわりはんかちーふ  有馬裕美