2016年9月29日木曜日

鈴木明「しぐれて二人月面にいるようじゃないか」(『甕 AMPHORA』)・・・



鈴木明第五句集『甕 AMPHORA』(ふらんす堂)は、帯がなく、実にシンプルで、十分に目を引く装幀(和兎)である(ただ、読むときに角背を開ききり、本を閉じると少し歪むのが惜しいかも)。
栞文は筑紫磐井、高山れおな、的野雄、跋文は高橋睦郎と豪華なメンバー。その跋文に、永田耕衣「少年や六十年後の春の如し」を引いて、

 昭和十年生まれの鈴木明はげんざい、耕衣がこの句を吐いた年代よりほぼ十歳年上の八十歳代初め。当時の耕衣よりもうすこし死に親しく、それだけに自らの弱年への愛惜の思いもいっそう切実だろう。
 だが、鈴木明は老年の感懐と過去への追憶とにとどまってはいない。年ごとに回帰する自然の生命力に改めて讃嘆を送り、現在の若い世代にかつて自分たちを襲った同じ苦難が襲うかもしれないことを真剣に憂えている。それこそが鈴木明の「六十年後の春」、いや七十年後の春なのだろう。

 と記している。
以下に、いくつかの句をあげておきたい。

    なゐの国非軍のさくら北上す        明
    セーラー服の姉の膝上われ三歳(みっつ)
     八月二十六日九十一歳姉他界
    昼、姉の骨を拾いし夜や長し
     光市母子殺害・当時十八歳死刑求刑
    「死刑でしょう」二月普通の人の会話
    「地震を抑えるネジ」三月の子どもの絵
    無礼(なめ)ていやがる水槽鮫のどんより眼
    秘密保護法全文肉眼素通りす
    戦後七十年思想氷柱の細りけり
    昼庭(ひるにわ)を妣の日傘は過ぎ去りゆく
    過去を疑う豈、蠹魚(しみ)のみにあらず
    ほうたると寝てきた人と橋の上
    蜥蜴は刹那跳弾となり穴を出る
    未帰還兵兄の幟竿黄ばむ
    終章のゴングが鳴った彼岸花
    ほな起きてぼちぼち行こか初冥途
    東京タワーにたましい入る憲吉忌
    六林男の忌ぼくの「内なる天皇制」





    
    

2016年9月28日水曜日

武馬久仁裕「『地理學家咖啡館に俺はいるぞ。』と双々子」(『フィレンツェよりの電話』)・・・



武馬久仁裕散文集『フィレンツェよりの電話』(黎明書房)は、最初に小川双々子「地表」117号(1975年8月)に載った「花の散る」以来、「爾来四十一年。悲しみの生まれた時に書いた文章が幾つか溜ったので、そこから二十六編を選び一冊の本にすることにした」(あとがき)という。
見返しを包むカバーの裏部分には、

 フィレンツェから「私」の携帯に突然掛けきた見知らぬ女が語り始める「電話」。
 マラッカの珈琲店で著者の俳句の師、小川双々子の幻影を見る「地理學家珈琲館(ジオグラファー・カフェ)にて」。
G町の地下に並ぶスロットマシンに憑かれた男の語る「スロットマシン場」。
など句集『G町』『玉門関』で評価が高い俳人・武馬久仁裕の幻想的な散文26編。自作のスケッチ、写真を併せて収める。

と惹句がある。句集『G町』に収められた散文「G町にて」に、かつての愚生は、高柳重信の句集『山海集』に収められた散文「不思議な川」を想起したりしたことを思い出した。
ところで、地理學家咖啡館(ジオグラファー・カフェ)はマラッカに実在するらしい。その時に撮った写真も併載されている。地理學家咖啡館の面している旧市街の道路の描写のところで、師にあてた手紙を書く描写は・・・、

  黒い影がアスファルトの道を斜めに横切りました。燕でした。
燕は目のような窓から飛んできます。『囁囁記』の双々子の句が思い出されました。

  黒町の窓なきときはつばくろとび      双々子
  男のかほかたちぞありて白町は      双々子

 双々子の句を口づさむ私の背後、地理學家咖啡館の薄暗い奥の席から双々子の少し怒ったような声が聞こえてきました。

 「地理學家咖啡館(ジオグラファー・カフェ)に俺はいるぞ。」と双々子 久仁裕

 双々子の死は、私が地理學家咖啡館を訪れた一年前の二〇〇六年一月のことでした。
  益々のご健吟を。                       草々
  二〇一〇年十月二十二日                  武馬久仁裕


最近の武馬久仁裕は、俳句もさることながら、散文、句の朗読、書など、実に多彩に活躍の場を広げてきている印象がある。それも自在に、かつ芯を外さずに・・・である。
武馬久仁裕(ぶま・くにひろ)1948年愛知県生まれ。


                    キンモクセイ↑
 

2016年9月27日火曜日

大本義幸「年収200万風が愛した鉄の町」(「俳句新空間no.6〈21世紀俳句選集〉」)・・・




「俳句新空間」NO、6(発行人、北川美美・筑紫磐井)の冒頭、かつてほぼ十年間隔で角川書店『現代俳句選集』『平成秀句選集』が編まれた事に触れ、その後にこうした現在の俳句を映し出すような企画がない、としながら「21世紀俳句選集を編むにあたって」で筑紫磐井は言う。

  とはいえ、角川書店の500人近くの壮大な企画に比べて「俳句新空間」でできるのは三〇人余の小さな企画である。しかし、そうした企画が成り立ちえるのかどうかは、他の雑誌がやらない以上やって非難されるべき筋合いはない。非難する前に、できるものなら非難する者は自らやってみればいいからである。これがとてつもなく難しいことは体験してみてわかるはずである。
  題して「21世紀俳句選集」。小さな穴から、21世紀の広大な天空がうかがえれば幸いである。秦夕美から川嶋健佑までの世代を堪能していただきたい(掲載は到着順とした)。

以下はその一人一句である。

   巨石文明滅びてのこる冬青空       仲 寒蟬
   銀漢や象の涙を触れに来る        田中葉月
   イルカショー始まる淋しき国家       小野裕三
   蛇皮を脱ぐ戦争へ行ってくる        中村猛虎
   ゆつたりとほろぶ紋白蝶のくに       秦 夕美
   山火迅しあとさきになる人のこゑ     渡邉美保
   涅槃図の極彩色の嘆きかな        神谷 波
   惜春の心ラフマニノフの歌         前北かおる
   式典の空も会場原爆忌           小沢麻結
   虹の根を食べれば人でなくなるよ     竹岡一郎
   狐火が言い寄つてゐる狐火に      ふけとしこ
   国霊やコンビニの灯を門火とす     真矢ひろみ
   長き夜の両手に包む片手かな      隅美保子
   雪国の一切白き初湯かな         内村恭子
   枇杷の花遠方で臼ひかりだす      坂間恒子
   原子力発電所すめろぎも穀雨なか   大井恒行
   リコーダーで宣戦布告する立夏     川嶋健佑
   扉なく向き合ふ壁や冬紅葉        岬 光世
   皿にのり静物となるラ・フランス     水岩 瞳
   たらちねの混沌大根煮崩れる      もてきまり
   狐火や列車は遅れたまま走る      五島高資
   人工を恥ぢて人工知能泣く        佐藤りえ
   地球より生まれた小石白日傘      網野月を
   雪降つてくる雪空の中途より       青木百舌鳥
   教室はいなくなるひとでいっぱい     柳本々々
   硝子器に風は充ちてよこの国に死なむ  大本義幸 
   砂時計未生へ落つる長き夜        福田葉子
   いくたびも手紙は読まれ天の川      中西夕紀
   匂うにおう寒月光かセシウムか      羽村美和子
   黒土の清らかに抱く霜柱          堀本 吟
   二〇一一年その春のまだ未知だつた  関根誠子
   分かるもんですか桜桃忌の手相     中山奈々
   夏野にて空の淋しさ見てゐたり      北川美美
   千羽鶴のなかの一羽が寒いといふ   渕上信子
  
   屍の美
   本当をいふ
   人知無涯(はてなし)
   人もすなる失(あやまち)         筑紫磐井 



                    ムカゴ↑


2016年9月25日日曜日

大熊峰子「身のどこかこはれゆくなりセーターは赤」(「門」10月号)・・・



「門」10月号に若い外山一幾が「書き手・読み手の矜持について」と題して、「門」(平成28年4月号~6月号)の同人作品評を試みている。結社誌のこうした作品評はよく目にするのだが、丁寧に読み解いている批評は珍しい。外山自身による引用された句が少ないのは少し物足りないが、俳句を書き、また、読もうとする際の身の構え方にについて誠実に述べられている。例えば、

 思うに、書く者と読む者とは、ついに孤独者にすぎないのではあるまいか。そしてこの孤独のなかに立ち続けながら、互いに手を伸ばして交渉を試みては失敗するということが、-いわば不幸を引き受けるということがー書くという営みの実態なのではなかったか。(中略)
すなわち交渉の成功を求めつつ敗北する涙のなかにこそ、書き手・読み手の矜持があると思うのだ。

或いはまた、

  春の眼鏡屋めがねの似合ふ女店員    門屋文月

僕は先に述べた理由をもって、下五の「女店員」を「じょてんいん」ではなく「おんなてんいん」と読みたいと思う。

としたのちに、他の作者のリフレインを用いた句が散見されたのに対して、

  一人静しづかに平田君代死す    成田清子
  水の春みづもこころもたひらなり   梶本きくよ
  老人は歩けあるけと青き踏む     喜岡圭子
  しがらみを巡りめぐりて春の水    白井イサ子 

この技法はとくに珍しいものではないけれど、それだけに、使い方が難しいと思う。というのも、この「漢字+ひらがな」のリフレインが何かしら詩情めいたものをもたらすことは僕たちがすでに知ってしまっていることなので、それを安易に用いるのは、いわば料理の際に味の素を使うようなもので、それはそれでおいしくはあるけれども、その便利さにかまけてしまうならば書き手として不誠実なのではないか。
 だがその一方で、このリフレインが成功している句もある。

  もくれんの家に雨ふる母かははよ   鳥居真里子

この下五が「母か母よ」であれば台無しだろう。

とも述べているのは頷けよう。ただ、厳しく指弾されている句もあるが、良薬は口に苦し、若い人の誠実なる批評として受けとめ、今後の句作の糧とすればいいだけのことである。
ともあれ、他に引用され共感した句を以下に・・・。

  遺句集にこだはりて酒花朧     野村東央留
  遠くよりその人と知る夏帽子    神戸周子




                     オリーブ↑

2016年9月24日土曜日

福田葉子「老猫の水呑みて去る望の月」(第132回「豈」句会)・・・



奇数月、隔月で行われる第132回「豈」句会は、諸事情あって、初めて愚生の地元・府中グリーンプラザ第5会議室で行われた。大國魂神社の欅並木が秋の雨に濡れていた。恒例の白金台いきいきプラザよりもはるかに遠い場所ということもあって、いつもより参加者は少なかった。
以下は一人一句。

   鶏頭花月光浴びては骨になる        羽村美和子
   月光の耳のかたちを知り尽くす       杉本青三郎
   木道ひょんポケモンGOの虫詩人      早瀬恵子
   大好きな稲の図柄の五円玉         渕上信子
   桂枯れ雨の黄泉路に黄石蕗         多仁 竝
   女童(めわらべ)のすでに白髪沙羅の花  福田葉子 
   木の終わり雨のおわりの風起こる     大井恒行 



2016年9月23日金曜日

白頭 金里博時調詩集(秋山一郎訳)『永遠の躑躅』(オルレビッ)・・・



金里博時調(キム・リバクしじょう)詩集『永遠の躑躅(つつじ)』(オルレビッ)、ハングルはまったく読めない愚生なので、ひたすら訳文のみを読んでいる(ハングルの全部に日本語で対訳されている)。時調の形式についても朝鮮の短い定型詩で、発音はシジョ、日本語読みはジチョウくらいの知識しか持ち合わせていない(ただ、金里博はシジョウとしている)。本集の多くは三行で書かれているが、最後の編は5行や7行、8行がある。著者序文に、

(前略)この「永遠の躑躅」に載せられた時調を包む言葉は全て漢語ではない固有韓国語でなければならず、文字も漢字混ざりではなく、ハングル以外では表記できない言葉や文字は一切使わないという信念に基づいて創作したので第一時調集「一途」とは大きく違った作品と言える。(中略)
筆者は数え年三歳の時、すなわち日本の植民地統治時代に大日本帝国の強制的「徴用令」に基づき日本に渡ってきた在日子孫だからこそ故郷への愛と思いは、少々傲慢な言い方だが本国の同胞よりも清く熱く、それ故に自然に時調の主題が国への愛や、南北同胞への愛、そして韓国語・ハングルへの愛に傾けられた。それは筆者の最も大きな願いが一にも二にも統一祖国であり、一つの民族となった韓民族だという信念の表れであることを意味する。(以下略)
                                       
と記されている。他に祝辞に金昇坤(キムスンゴン)元建国大学副総長・文学博士「熱く国を愛する時調歌人・一明(ハンバク)氏」、キムジョンテク前ハングル学会会長・文学博士「在日コリアンの熱い魂を歌う詩人」、序文に、李閏玉(イユノク)(詩人、韓日文化調和研究所長)「たとえ、今日は泥の中に囚われていようと明日は・・・」、岡山善一郎天理大学教授「一房の花」、跋文にキム・ヨンジョ新韓国文化新聞(電子版)発行・編集人「キム・リバク詩人を思う度(たび)に自分が恥ずかしい」など。さらに著者あとがき冒頭には、以下のように記されている。

この第四時調集「永遠の躑躅」は過去に上梓した諸時調集と比較した場合その表記において顕著な変化を読み取る事が出来よう。
すなわち、この第四時調集には一句一言といえども漢語は使われていない事と過去の作品から転載した作品をも全て改めて「非漢語」純韓国語に正して掲載している。周知のように「時調(シジョウ)は韓民族の魂であり美であり智慧でもあるからだ。

最後に本集の集名となった作品といくつかを紹介する(引用はすべて訳文によっている)。

 26.永遠の躑躅

「私の花は山つつじ、桜ではない!」と
我が子を愛(いと)おしみ教え育ててくだされた父母
異国で閉じた命なのだけれど二つと無い誠だった

 62.魂(3)

踏みつけられ八十年、統一を望んで四十年
在日同胞はその日の為にいつも準備している
今年も渡り鳥は先を競わないで飛んで来る

 73.日本の猛暑(2)

日は叔父(おじ)が逝き、明日は誰が逝くのだろう
日本で身罷った方たちの霊が今も彷徨(さまよう) 
南北はどうしてこうも遠いのか・・・

 112.秋分

冬至と夏至の間にゆっくり春は来る
母が炊いてくれる冬至の小豆粥
南北が一つになり万年を生き抜きたい

白頭(ハンパク) 金里博(キムリバク)(在日本韓国文化協会 会長) 1942年韓国慶尚道昌原郡(現昌原市)生まれ。





2016年9月22日木曜日

齋藤愼爾「われもかうあらねば断念の吾亦紅」(『陸沈』)・・



愚生は「陸沈」と言えば、なんといっても永田耕衣を思い出す。96歳翁だった耕衣は,
当時「陸沈居士」を名乗っていた。また評論集『陸沈篠篠』もある。永田耕衣続俳句集成『只今』には、神戸の震災以後の未刊句集『陸沈』が収められている。その伝でいけば、齋藤愼爾句集『陸沈』(東京四季出版)もまた、東日本大震災を負っているように思えた。
加えて本句集には齋藤愼爾とは誰れか?というにはこれ以上ないと思われる栞文と解説が武良竜彦によってなされている。「〈喪郷〉の眼差し」と「葬送の螢袋」で、豊富な引用句とともに、齋藤愼爾の現在をよくとらえている。さらに著者自身による「〈原発が廊下の奥に立つてゐた〉ー危機『後記』の試み」と「魂の気圏のなかでー私の俳句遍歴」が著わされているので、読者にとってはこの上ない道案内役を果たしてくれている。その武良竜彦の解説の末尾は、

  氏は一貫して戦後日本人の風土喪失的精神の空洞を、逆説的な「望郷」という独自の文学的主題を立ち上げて詠み続けてきた。そのこと自身に現代日本を撃つ強烈な批評性が宿っていた。その文学的役目が終わりを迎えようとしていることを自覚し、齋藤氏は静かにその手法の衣を脱ごうとしているように見える。
 そしてこれからの自らの行く手を予見するかのように、この句集『陸沈』のラスト二章に、超時空、超宗教的視座から「今」を撃つ「中世」「記憶のエチカ」の章を置いたのに違いない。

つまりは、愚生が付け加えるべきものは、何もない。直接句集にあたられるのがもっとも相応しい、のである。
ここでは、以下に、珍しく吾の出て来る句が、愚生の目に止まったので、紹介して挙げておきたい。

   血をうすく眠るや吾れの涅槃変        愼爾
   鳥引きてわが身を杭と思ひけり
   藤垂れて他界に畢竟吾は居らず
   山霞み谺は己を忘じをり
   われ思ふゆゑ螢袋の中にあり
   一柱に己が身舫(もや)ひ冬籠
   蚊帳のなか転生の螢汝か吾れか
   汝と我非在となりて雲に鳥
   病める世に生絹のごとき自裁あり
   我が廃句「危・毀・飢・棄・忌・綺・戯」死人花

齋藤愼爾1939年生まれ。