2016年12月8日木曜日

藤田踏青「眼をアルバムにして入る木造校舎」(『現代自由律100人句集・第三集』)・・



『現代自由律100人集・第三集・平成28年度版』(自由律句のひろば・1000円)が出た。
「自由律句のひろば」のマニュフェストが巻末にに掲げられている。

 この句集は自由律を多くの人々の身近な文学にするために発行しました。「自由律句のひろば」は新しい会員を求めています。賛同いただけるかたの参加を歓迎いたします。

また、今号の序には、

 自分が何を思い、何を感じたかが自由律の真意であり、面白さもそこにあります。世の中に自由律をもっと広げて行きたい希望はこの一冊によって叶えられるでしょう。

                          自由律句のひろば 代表
                                    那須田 康之

とあった。一読、気付くことは、「自由律俳句」とは、一言もいっていないことだ。あくまで「自由律句」である。ここに、一般的に流布している「自由律俳句」という呼称ではなく「自由律句」。ここにこの句誌のこだわりがあるように思うが、現代ではほぼ片隅に追いやられてしまっている現状に対する、いわば定型の俳句に対するいわゆる自由律俳句の普及への志が伺われる。
俳句史的には、戦前の改造社版「俳句研究」をながめただけでも、あるいは、ホトトギス全盛と思われている大正時代の俳句についても、じつのところ、明治の新傾向俳句から自由律俳句が俳壇を大きく席巻していた事実が理解されるだろう。
と言えば、「自由律句」というあえてする呼称は、いわゆる俳句ではなく句・・、彼等の自由律?復権にかけた思いにちがいない。
ここでは100人一句をすべて挙げるわけにはいかないので、愚生と同じ「豈」同人の藤田踏青と愚生が山口県生まれだから、山口県人のみを一人一句掲げることにする。

  誤作動をくり返す二人の小骨        藤田踏青
  喜寿つれて土筆               阿部美惠子
  トラの身代わりか子猫がやってきた   石竹和歌子
  夕焼けが海からはみ出している      植田鬼灯
  暑い暑いと言ってもつくつくぼうし     内田麻里
  ひっそり不自由を抱いている       小野芳野
  風が転がる                  佐伯初枝
  孤独が肩を叩いて目覚めた夏の午後  佐々木研信
  もう母でない母と座っている        島田茶々
  影と歩く影があるく倖せな影といる    清水八重子
  青空の広さに廻り道             下瀬美保子
  流れる涙ぬぐっている訳もなく       竹内朋子
  空っぽにして始める             田中里美
  茶碗に残った一つぶも箸にする      富永鳩山
  ボタン取れかけたことも直ったことも   富永順子
  まだ昇る段がある登るしかない      橋村美智子
  呑み込んだ言葉どこを漂う         原田智美
  一匹残った蚊のさびしさがたたけない  久光良一
  不機嫌という棘を抜いて眠る       部屋慈音
  金魚ちょうちん戻れない日々ぶらさげる 増田壽恵子
  雨音でいっぱいの部屋にいる       松尾 貴
  山桃とってくれる前髪を風         松永眞弓
  にぎやかに鳴いていたセミの数だけ死があって  森永友世志
  この雪道は二人のふるさとへつづく   山本説子
  里芋の葉に朝露の鬼ごっこ       和崎治人 



2016年12月6日火曜日

須田優子「誰も彼もやさし生きたし露滂沱」(『白炎』)・・・



須田優子は、昭和32年10月、享年28で夭折した俳人である。句集『白炎』(鬣の会・風の花冠文庫、本体800円・400部限定)は、没後出版された、

 昭和26年から早すぎる晩年までの作品を編年体で収めた『須田優子句集 白炎』が昭和33年「やまびこ叢書 第三輯」として「やまびこ発行所」より刊行された。
            (解説・水野真由美「須田優子ー俳句にいのちを光らせて」より)

ものの復刻版である。風の花冠文庫刊行のいきさつについては、林桂が以下のように記している。

群馬文学全集』(伊藤信吉監修・群馬県立土屋文明記念文学館)の第十三巻で、「群馬の俳句」を編集担当することとなり、関係の句集を読み進める中で、県内の俳壇史を記述する著作に殆ど取り上げられていない、優れた句集とその俳人に出会うこととなった。すなわち、浅香甲陽『白夢』、竹内雲人『療園断片』、須田優子『白炎』である。(中略)
 三人共に夭折の俳人で、その資料も十全でないことが、世に知られない要因の一つであろう。その存在を知ってしまった以上このままの状況のもとに置いておくのは、自身の怠惰の上に怠惰を重ねるようなものであろう。

こうして、上記に記された三冊の句集の復刻版が、2002年に『白夢』、2003年に『療園断片』、そして、さらに13年ののち、須田優子句集『白炎』の刊行に漕ぎつけたのだ。林桂の持続する意思、粘り強さに対しては敬意の言葉のほか見つからない。
これら風の花冠文庫復刻の三冊の句集は、いずれも、自らのいのちを俳句に刻み付けた歴程を杖にして書かれたものばかりである。
昭和5年、群馬県渋川市生まれ、須田優子の「俳人としての活動期間は七年ほどで、さらにそのうちのの六年間は闘病生活のなかにいた」(同前解説)

という。幾つかの句を以下に挙げておこう。

 もうやせる余地なしセルの胸あわす
 聖夜ひとり壁のイエスは振り向かず
 母の日の母をカメラに束縛す
 紫陽花や妬心もたねば愛薄し
 原爆忌傷なき裸身湯に浸す
 秋霜や病めば疎まれ哀れまれ
    弟、伊豆みやげとて貝殻呉れる
 貝殻掌に春の潮騒聞こうとする
 長梅雨や癒ゆる希望(のぞみ)は何時捨てし
 夜霧の試歩我よりちびし母従え
 鰯雲きしきし胸に脈しぶる



                                
                       ビワ↑

   

2016年12月4日日曜日

和場ゆすら「落蟬のまなこに空の遠くあり」(第18回HIA俳句大会)・・・


               講演するグエン・ヴー・クィン・ニュー氏↑

本日は午前中、市ヶ谷アルカディアで行われた国際俳句交流協会の「第18回HIA俳句大会」のグエン・ヴ―・クィン・ニュー氏の講演「ベトナムにおける俳句」聴きに出掛けた。現在のベトナムにおける俳句事情について歴史的な経過を含めて分かりやすい、日本語での講演であった。575を基本とする俳句に近い音節を選んで、ベトナム語の音節で作ると6音+8音の形式の短詩形が生まれ、日本の俳句より短い、世界で極小の詩形が誕生するかも・・・など、興味深い内容の講演だった(ベトナム語での俳句の募集は、基本は3行の短詩形で、各行の文字は5・7・5を超えず、季語の有無は問わない)。
それにしても、日越の交流と俳句普及についてのさまざまな文化的、または政治的な困難があることをうかがわせ、その困難にもめげず、いわばベトナムにおける俳句開拓者とでもいうべき活動には敬意を禁じえないものがあった(ベトナムでの俳句コンクールでは日本語、ベトナム語の両方で募集を行っていることも)。

とはいえ、俳句は五七五を基本として、雨季と乾季しかない値域もあり、季語を入れることの難しさも述べておられた。
講演に先立つ有馬朗人会長の挨拶には、具体的に俳句をユネスコの無形文化遺産に登録する運動に邁進し、後世に遺るような、世界遺産に相応しい俳句を作ろう、との檄が飛んでいた。



ともあれ、以下に俳句大会の賞に輝いた作品を以下に挙げておこう。

・国際俳句交流協会賞
  落蟬のまなこに空の遠くあり     和場ゆすら
  里山の小さくなりし踊りの輪      藤井敏子

・俳人協会賞
  踊る輪を抜けて授乳をしてをりぬ  和田 仁 

・現代俳句協会賞
  道化師の笑ふ白夜の船着場    中武純子

・日本伝統俳句協会賞
  囀りをきく白書院黒書院       中川 素子

・日本経済新聞社賞
  平成の天皇の声終戦忌       清水京子

・ジャパンタイムズ社賞
  広島や海の際まで夜涼の灯    境 幹生

他に、国際部門では木内徹、木村聡雄選で各二編の特選(言語・英語)があった。




   

2016年12月3日土曜日

池谷洋美「鋼鉄の残響海馬をくぐる冬」(「豈」忘年句会)・・・



 第三回攝津幸彦賞・副賞(能村登四郎色紙)を筑紫磐井(右)から中央・生駒大祐に↑

恒例になった白金高輪の「インドール」での第133回「豈」忘年句会は、第三回攝津幸彦賞受賞者の生駒大祐など若手を迎えての活気ある句会となった。遠方の方を含め感謝申し上げる。
記念すべき句会の最高点は新同人で静岡から参加された池谷洋美、ブログタイトルに挙げた句である。
 夕刻5時時からの懇親会には、次号から「豈」へ参加する佐藤りえ、また、川柳の柳本々々、池田澄子、多仁竝改め安男亭翰村、桐生から新事務局の北川美美も駆け付けた。
以下は句会より一人一句を、

  薄く切る生ハム冬が見えるくらゐ        内村恭子
  潰す空缶より生温き疲れ             照井三余
  
  荒れ暮らす
  わが英に
  散る美曾禮                     酒巻英一郎  

  湯たんぽは鯨の夢に濡れにけり        渕上信子
  指先の焔かすかに秋の暮            池谷洋美
  枯れし楡の枝に未だ夜の絡みある       生駒大祐
  天の狼 すえずの女 みな美し         筑紫磐井
  戦前の枯野へ交信する芒            福田葉子
  蝶堕ち鹿鳴き猪鍋(ししなべ)(くら)ふ トランプ 堀本 吟
  冬天の雲は琳派の裔(すえ)なるか      早瀬恵子
  うさぎ追いたちまち終わる夢の国        七風姿
  崖ッぷちの刑の途中をななかまど       もてきまり
  杜鵑草三人はいる模倣犯            羽村美和子
  やがて日はあまねくかげる冬の旅       大井恒行



2016年12月1日木曜日

駒木根淳子「悠久を旅してゐたり蝸牛」(『夜の森』)・・・



駒木根淳子第二句集『夜の森』(角川書店)は、愛情あふれ、かつ懇切を極めた山下知津子の跋に以下のように記されている。

 二〇〇五年五月一月から、駒木根さんと私たちはささやかな同人誌「麟」を刊行しているが、皆で考えた「創刊の辞」に次のような一節がある。
「痛切に自分の生活実感に即し骨太に、自分に引きつけて、自分の熱い息とともに吐き出される言葉で、五七五という冴えた器を満たしたい」(中略)
「麟」はもう一つの大きな柱として、共同研究という形での「女性俳句研究」を続けている。(中略)
 この「女性俳句研究」における駒木根さんの研究ぶり、執筆ぶりに、私はいつも敬服している。まず、一次資料や初出の文献に可能な限り徹底的に詳細に当たり、丹念に調べ上げる。(中略)
彼女の調べ上げる情熱とたくましい行動力、そして調べるスキルと能力の高さに、私はずっと尊敬の念を抱き続けているのである。

彼女が、こうした地道な努力を惜しまず、真面目に取り組む姿は、「豈」同人だったこともある故渡部伸一郎からも聞かされていた。
ところで句集名『夜(よる)の森』の由来は、駒木根淳子の故郷・福島の原発から7キロメートルにある桜の名所「夜(よ)の森公園」に由来する地名で、現在は帰還困難区域にあるのだという。句は、

  見る人もなき夜の森のさくらかな      淳子

ともあれ、以下に愚生好みの句をいくつか挙げておこう。

  水餅の闇より母の手がもどる
  天上に父の豆撒く声あらむ
  傾がざる電柱はどれ夏つばめ
  ぼた山のいつか草山葛嵐
  読初となす白泉の戦時詠
  風船爆弾作りし母よ八月よ
  秋夕焼次の戦争まで平和
  涅槃図やうねりて波の崩れざる

駒木根淳子(こまきね・じゅんこ)、1952年、いわき市生まれ。
  



                        カラスウリ↑


2016年11月28日月曜日

生駒大祐「水の中に道あり歩きつつ枯れぬ」(「豈」59号)・・・



「豈」59号が出来てきた。ほぼ一年ぶりの刊行である。
皆さんの手元には明後日あたりにはお届け出来るだろう。
特集はふたつ、一つは第三回攝津幸彦記念賞(表2には、第4回攝津幸彦記念賞応募要項が広告されている)。
二つは「不安の時代(震災・戦争・老後・鬱)-新しい社会性」。以下に目次を掲載しておく、注文は発売元・邑書林(書店経由)にお願いします(1000円+税)。


‐俳句空間‐「豈」 59号)  目次                        表紙絵・風倉
                                      表紙デザイン・長山真

◆招待作家・20句 金原まさ子 2  川嶋健佑 4  冨田拓也 6  堀下 翔                               
第三回攝津幸彦記念賞 正賞・筑紫磐井奨励賞 生駒大祐  10
             同 大井恒行奨励賞 夏木 久 12  
   同 佳作 赤野四羽 17  打田峨者ん 18  北川美美 19  佐藤成之 20
        嵯峨根鈴子 22  曾根 毅 23  小鳥遊栄樹 24 山本敏倖 25   
同 選評 関 悦史 26  筑紫磐井 28  大井恒行 30
第二回攝津幸彦記念賞受賞者作品 花尻万博 32 
第三回攝津幸彦記念賞奨励賞受賞第一作 夏木 久 34
第三回攝津幸彦記念賞受賞作家・作品論 
「俳句の剥き身」柳本々々 36   「辞退するなかれ、西村麒麟賞」西村麒麟 38

作品Ⅰ  池谷洋美 41 青山茂根 42 秋元 倫 43 飯田冬眞 44 池田澄子 45
 丑丸敬史 46  大井恒行 47  大本義幸 48 岡村知昭 49 恩田侑布子 50
 鹿又英一 51  神谷 波 52  神山姫余 53

  特集 不安の時代(震災・戦争・老後・鬱)-新しい社会性
   青畝俳諧の社会性 浅沼 璞 54     言葉が立つとき 五十嵐進 56
   詠まれたことも読まれたこともない膨大な俳句に向き合う不安 小野裕三 58
   不安と虚実 曾根 毅 60         破地獄の文学 竹岡一郎 62
   俳句、新しい不安の時代 柳生正名 64  〈流離〉する現在 髙橋修宏 66
   不安になるのがあたりまえ 堀本 吟 68  俳句と社会性 妹尾 健 71

作品Ⅱ  川名つぎお  71  北川美美 72  北村 虻曳 73  倉阪鬼一郎 74 小池正博 75
  小湊こぎく 76  小山森生 77 五島高資 78 堺谷真人  79 坂間恒子 80
酒巻英一郎 81  杉本青三郎 82 鈴木純一 83

特別寄稿 大本義幸を肴にした極私的回顧談 仁平 勝 84

◆大本義幸インタビュー・「豈」創刊のころ()  聞き手 関 悦史 86

連載  私の履歴書⑧ まだ女鹿である朝のバタートースト 大本義幸 88

◆作品Ⅲ  関 悦史 89 妹尾 健 90 高橋修宏  91 高橋比呂子92 田中葉月 93
筑紫磐井 94 照井三余 95 夏木 久 96 新山美津代 97 萩山栄一 98
秦 夕美  99
「豈」58号読後評 褻の旅人 川名つぎお 100   (さまよ)えばハイク 秦 夕美 102

作品Ⅳ 羽村美和子 104 早瀬恵子 105 樋口由紀子 106  福田葉子 107  藤田踏青 108
 藤原龍一郎 109 堀本 吟 110 真矢ひろみ 111

書評 髙橋比呂子句集『つがるからつゆいり』評 松下カロ 112
  小池正博句集『転校生は蟻まみれ』評 柳本々々 114
 夏木久句集『神器に薔薇を』『笠東クロニクル』評 秦 夕美 116

作品Ⅴ  森須 118 山上康子119  山﨑十生  120 山村 嚝 121  山本敏倖 122

  わたなべ柊 123   亘 余世夫 124

招待作家作品より一人一句を以下に挙げる。

儀式ですセロリの裸洗うのは          金原まさ子
月光を浴び向日葵は青く照る          川嶋健佑
「見えない戦争」「見える戦争」水中花     冨田拓也
どの夏となく来て淡し一枚田           堀下 翔 







2016年11月26日土曜日

末森英機「野をわたる誰かなじみのない象(かたち)」(『天の猟犬』)・・・



府中市立図書館の詩歌の棚、見るともなくみた。
どこかで覚えのある名前・・末森英機『天の猟犬』(れんが書房新社・2006年刊)。
もう十年以上は前の事になるだろうか。
中川五郎の解説「光る言葉のメディシン・、マシン」を読んで、はっきり思い出した。
「げんこつ祭」。愚生も所属していた企業を超えて個人加盟ができる地域合同労組、全労協全国一般東京労働組合で末森英機が中心になってやっていたイベントが「げんこつ祭」。様々な人が演奏し歌った。なかにゲストで中川五郎、高田渡の出演があった。
たしか小金井公会堂で開催したときは、素人ながら愚生の娘も弾き語りで参加していた。
どうやら、2004~5年のことだったらしい。その末森英機はかつてフォークシンガーだった時代もあり、一緒に参加した彼の子息のギターテクニックは、素人目にみても抜きんでていたように思う。
その時、末森英機にはすでに幾冊かの詩集があり、新詩集が『天の猟犬』である。彼がアルコール依存症から脱却し洗礼を受けたのちのものだった。しかもすべてが四行の詩。
だから、ブログタオイトルに引用した詩は以下の三行を加えた四行詩だ。

  
野をわたる誰かなじみのない象(かたち)
生まれたばかりの哀しみのないまばたき 翳を宿した羽や種
たそがれが夜明けと交替するとき
あなたはなお多くのことが隠されている 

もう一人の解説者・南椌椌「蝶をあつめているか」には、以下のように記されている。

天凛ということばがあるが、英機にはたぶん天凛があるのだろう。
英機の詩は幼いながらも発光しながら疾走していた。
酔えば、本当のチンピラのように悪態をつき、気に入らない酔客を指しては「殴ってもいいか?」と何度も繰り返す。まるで手を焼かせる駄々っ子のような英機が、このように混じりけなしの詩心を抱え持っていることに驚かずにはいられなかった。

そして、「げんこつ祭」の成功のために奔走していた頃には、もちろん彼は一滴のアルコールも口にせず、好青年であり(やんちゃな感じは残っていたが)、愚生はそのほとばしるエネルギーに感服させられていたのだった。

あと一編を以下に・・・

海は与え 奪い去った 命を
気散じ 引き波に うつ伏せに漂っている
あの日 甘美な死 死んでいればよかった
名もないちりのように 裡(うち)なる無重力の底に 

愚生は、労働運動からすっかり足を洗ってしまったが、彼はその後どうしているのだろうか。