2017年9月16日土曜日

高山れおな「我が汗の月並臭を好(ハオ)と思ふ」(『天の川銀河発電所』より)・・



 佐藤文香編著『天の川銀河発電所』(左右社)、以前少し触れた山田航『桜前線開架宣言』が1970年生まれ以降の短歌版若手の歌人アンソロジーであれば、その姉妹版の1968年以降生まれの現代俳人版アンソロジーである。いろいろ面白く読ませる工夫がなされた本なのだが、正直に言えば、愚生のような年寄りには、活字が小さすぎて、お手上げのところがある(虫メガネ必須)。
 もっとも、若い、他の分野の人たちにも読んでもらいたいということらしいから、それはそれでよしとしよう。佐藤文香のセンス満載の本で、何よりも助かるのは、「読み解き実況」と題した部分は愚生に、親切に句の読み方を示唆してくれている。その実況の対談相手が上田信治、小川軽舟、山田耕司、坂西敦子というのもまた良い。
 ここでは「豈」同人を贔屓して、「読み解き実況」の高山れおな篇「王様の恋と教養と軽薄さ」から、

上田 ぼくはやっぱりれおなさんが一番すごいと思います。圧倒的な才能だと思うね。この水準で書けてる作家が、この集中はもちろん、今の俳句界に何人いるだろうか。言語的才能っていうのは要するに、その人が選んだ言葉がそう配列されると、あるはずのなかった豊饒さが現れるってことでしょ。れおなさんのどの句をとっても、これだけきらびやかだっていうのは、塚本邦雄とか加藤郁乎とかの才能のあり方を思わせるよ。
佐藤 王様です。なのに、持っている教養とかお茶目さみたいなのとか、青春性までをも、ちゃんと手渡してくれる。私はなかでも恋の句がすごく好きで。〈七夕や若く愚かに嗅ぎあへる〉〈失恋や御飯の奥にいなびかり〉。

 もともと、高山れおなは、もっと若い頃には、有季定型の俳句のみを書いて、しかも落ち着いた大人ぶりの句をなし、その頃から、句そのものはしっかりしていた。
 また、「関悦史という多面体」の山田耕司×佐藤文香では、

編集 関さんは俳句に詳しくない人でも分かる感じがしました。
山田 散文の文脈がある。韻文の文脈じゃなくて。飛躍とか切れがわかりにくくないんでしょう。

 とあって、納得。
 あと一人の「豈」同人・中村安伸の句も加えて、幾つかの句を以下に挙げておこう。

  麿、変?             高山れおな
  無能無害の僕らはみんな年鑑に
  げんぱつ は おとな の あそび ぜんゑい も

  黄落や父を刺さずに二十歳過ぐ   中村安伸
  サイレンや鎖骨に百合の咲くやまひ
  雪片の一瞬を全方位より

  人類に空爆のある雑煮かな     関 悦史
  年暮れてわが子のごとく祖母逝かしむ
  倒れゆく体が我や山笑ふ







2017年9月13日水曜日

古田嘉彦「『あなたは今天にいる』と聞くのを待つ/・・」(『華茎水盤』)・・



 古田嘉彦詩集『華茎水盤』(思潮社)、著者はかつて古田嘉の筆名で「豈」同人であった時期がある。現在、俳号も古田嘉彦名で、昨夜、訃報の吉村毬子と同じくLOTUS創刊同人である。詞書を付した句は、詩の一行のようであるのも不思議ではない。
例えば(「LOTUS」第36号より)、

     「人の心は何にもまして、とらえがたく病んでいいる。」(エレミア書十七章)可視的になれない。

抑制できぬオーロラ濃度のヤツデ
                                                   
 ブログタイトルにしたのは「『天』-オネゲル交響曲『三つのレ』第一楽章冒頭が聞こえる。」の詩編からである。略歴によると、1993年の第一詩集『水狂い』(土曜美術社)からはじまり、詩学社、思潮社などから多くの詩集など、著書を上梓している。
 ここでは、本詩集の中から一番短い詩篇を挙げされてもらおう。

    チューリップ

チューリップは生死を超えて灯る
染め出る 勝つ
赤い障壁作りに加担して
守る 緩衝しあう
中の空間にある海 彗星 雛鳥を
しかしまもるだけでなく照り出る
ポンポン菊のように守るだけでなく
牡丹のように照り出るだけでなく
秘儀を鍛えて垂直になる
どれ程多くの彗星を失ってきたか
雛鳥を慈しみきれなかったか
色素を整えきれずに叫んでいたか
花弁を空へは連れていけない
しかしチューリップは
放棄された午後の中心にあって
強く訪れるようでありながら
癒す
私を
いつしかチューリップの花弁が絶え間なく
空から降ってくる午後に
私はいる

古田嘉彦(ふるた・よしひこ)1951年、埼玉県生まれ。



2017年9月12日火曜日

吉村毬子「剥落の千手たはむる曼珠沙華」(「LOTUS」第36号)・・



酒巻英一郎より訃報がもたらされた。
吉村毬子、享年55。若すぎる衰弱死。去る7月19日のことだという。最近発行された「LOTUS(ろーたす)」第36号には、作品と連載評論「エロティシズムのかたち(七)『朝』における生死の見性」が掲載されており、健在だとばかり思っていたから、にわかには信じられなかった。彼女は中村苑子論を書くこと、俳句を書くことがある限り死なない、とも言っていたからだ。
その最後の評論となった稿に、髙柳重信の、

  まなこ荒れ
  たちまち
  朝の
  終わりかな    重信   

の句を引用したのち、次のように書きつけていた。

  飲食や朝の蟬から頭が腐る     三橋鷹女
  胎内に朝の木は在り憂かりけり   中村苑子
  草の露吸うてすげなき朝なりけり 沼尻巳津子
  水中に棒立つはながきながき朝 津沢マサ子

(中略)「俳句評論」の女流達の「朝」の嘆きである。鷹女句は最終句集『橅』集中のものだが、前句集『羊歯地獄』の〈泣き急ぐは死に急ぐこと樹の蟬よ〉を受ければ我が身に侵食してきた死の予感を独特の口調で表出していると思われる。苑子の朝は心象風景であっても曖昧にせぬ語り口で女故の幽愁を表現し、巳津子句も「すげなき」と嫋やかな中に女の直情を込めている。マサ子句の覚醒の際の浮遊はリアリティを強要させない不思議さに誘われる。いずれも夜の闇から救済された朝の景とは言えないが、切磋琢磨する女流達を照らした月光は新しい光となって彼女らに降り注がれたのである。

 三年ほど前、『手毬唄』(文學の森)を上梓し、その評判も良かっただけに無念の思いが深い。
ただ、今は冥福を祈るしかない。
以下に「LOTUS」第36号に発表された「不二五光」20句の中からいくつかを挙げておこう。

  雛の闇より吃音の自鳴琴    毬子
  春満月欄間を抜ける魂の数
  虚空像のうつつの不二の裏表
  蓮池に筥迫落とす五光かな
  枇杷たわわ琥珀を廻(めぐ)る蝶の腸
  天窓の穴に喃語の菫咲く




  


2017年9月11日月曜日

金原まさ子「螺旋階段のぼるとき胸鰭をつかう」(『昭和・平成を詠んで』より)・・



 栗林浩『昭和・平成を詠んで』(書肆アルス)には「伝えたい俳人の時代と作品」の副題がついている。その意味は目次をみるといっそう明らかになる。収録された俳人は次の通り相当に高齢の方々ばかりである。中で一番若い俳人が大串章79歳であり、次に池田澄子80歳である。以下に収録俳人をあげておくと、金原まさ子105歳(行年106)を筆頭に、後藤比奈夫、金子兜太、伊丹三樹彦、小原啄葉、勝又星津女、木田千女、橋本美代子、橋爪鶴麿、依田明倫、柿本多映、星野椿、黛執、有馬朗人、大牧広、友岡子郷、池田澄子、大串章。
 本著をすごいなと思うのは、雑誌のシリーズ企画などではなく、著者・栗林浩が身銭を切って、すべての方々にインタビューして内容を構成していることである。余人には出来がたいことである。その労たるや愚生の想像を超えている。
 ブログタイトルに挙げた金原まさ子の句は、昨年末に発行した「豈」59号に、招待作家として発表された「から騒ぎ」と題した20句からのものである。丁寧にも栗林浩がそれを拾ってくれているのだ。実は、現在編集中の「豈」60号にも作品依頼をしていたのだが、それはかなわず、つい先日、6月27日に逝去された。毎号の「豈」には無理を言って作品をいただいていたが、俳句作品の鮮烈さにおいて、まったく100歳をとうに超えたとは思えないものだった。さらに失礼をも承知で、第4回攝津幸彦記念賞選者をもお願いしたが、それはさすがに、いつ発行されるとも分からない「豈」にはとうてい無理なお願いであって、さすがに丁重に御断りがあった。しかし、いつも恐縮していたのだが、「豈」への掲載作品の号が出るたびに、美しい、じつにしっかりした筆運びの文字で書かれた御礼の便りをいただいていた。見事だった。
 また、装幀に使用された糸大八の絵(片山由美子所蔵とあった)も、久しぶりで糸大八に会った気分で、嬉しいことだった。
ともあれ、以下に金原まさ子の作品の幾つかを本書より孫引きで挙げておこう。

  ひな寿司の具に初蝶がまぜてある       まさ子
  ヒトはケモノと菫は菫同士契れ
  エスカルゴ三匹食べて三匹吐く
  ああ暗い煮詰まっているぎゅうとねぎ
  身めぐりを雪だか蝶だか日暮れまで
  鶴に化(な)りたい化りたいこのしらしら暁の
  別々の夢見て貝柱と貝は
  にこごりは両性具有とよ他言すな

栗林浩(くりばやし・ひろし)、1938年、北海道生まれ。



   

2017年9月10日日曜日

鈴木光影「投下せしミサイルいくつ夏の雲」(「コールサック」91号より)・・



「コールサック」91号(コールサック社)の「俳句時評」に、鈴木光影「俳句の無形文化遺産登録と松山宣言」と題した記事が掲載されている。少し引用すると、

(前略)松山宣言上の言葉を引用すれば、「たった十七音で独立した詩」「自然からたまわるもの」「民衆性」である。この三本立てにしている点からも遺産登録は「松山宣言」を踏襲していることがわかる。(中略)
 ところが、4の定型・季語の話題になって両者の方向性にズレが見えてくる。松山宣言においては五七五定型・季語の重要性や日本語の固有性を確認しつつ、俳句を世界化する場合は「季語というルールを強制することは無理」があり、「定型・季語についてはそれぞれの言語にふさわしい手法をとることが適当である」としている。また俳句を「象徴」詩ととらえ、「その民族特有の象徴的な意味合いを有するキーワード」を国や民族や言語それぞれの「言葉の内なる秩序」として発見し、「その言語特有の定型詩や独自の切れ字等の技法が新たに生まれる可能性」を指摘している。これは先に引用した「俳句は日本語に限る」という伝統派の立場からは異議がありそうである。遺産登録では外国語俳句の展開範囲を積極的に広げようとするこのような俳句観は見られない。

とあり、また、

 最終章の7では、転じて4を踏まえつつ、遺産登録とは異質で革新的な「宣言」を行っている。「我々はここで、日本語による俳句性の本質とされてきた定型と季語について、世界的な文脈の中ではそれぞれの言語においてその本質を把握すべき問題と考え、俳句的な精神を有する世界のあらゆる詩型を〈俳句〉として新たに迎え入れたい」。

といい、こうした国際俳句から受ける影響、恩恵についての可能性については遺産登録に見られない、という。そして鈴木光影は、

 それぞれの国や風土や文化で、それぞれの俳句が生まれうることが、特殊な無形文化遺産としての俳句のあり方ではないだろうか。根源的な俳句性を日本語と共有しつつ、言語表現や題材は個別にかけ離れてゆくことが、将来にに向けて俳句が目指すべき国際化の形ではないだろうか。

と結論づけている。

ともあれ、「コールサック」誌には詩や短歌五行歌、小説やエッセイ、物語、評論など実に多くのものが掲載されているが、ここでは俳人の掲載各人の一句を以下に挙げるにとどめたい。

   潮騒の香が干鱈より立つる朝             末松 努
   三色菫(さんしき)といへ純白の種(しゅ)も中に  原詩夏至
   賢治の灯寅(ひそら)の妙(たい)にぞつつまれり  石村石芯
   原爆忌眼(まなこ)見ひらく深海魚           鈴木光影



2017年9月7日木曜日

志磨泉「涅槃図にけふの嘆息加へたり」(『アンダンテ』)・・



志磨泉第一句集『アンダンテ』(ふらんす堂)、行方克巳は帯に、

  上手く笑へず上手く怒れず初鏡

泉さんの自画像である/それは、人間関係における/自己表現のむずかしさーー
しかし彼女のうちに備わった/音楽性は その俳句作品に/独自のリズム感をもたらしている

と記している。また懇切な序を西村和子がしたため、句集掉尾の句「白靴や答見つかるまで歩かむ」について以下のように述べている。

 最近注目した作である。白靴は夏の季題であると同時に、まだ汚れていない、くたびれていないものの象徴でもあるだろう。この靴で、一歩一歩これからを歩みつづけるのだが、未解決のものの答が、生きることで見つかるだろうという期待を感じる句だ。
 亡き人にも、愛する者たちにも、問いかけつつ生きて来た作者である。求める答は容易に見出せるものではないが、言葉の力を信じ、俳句と共に歩むうち、いつかその答は見つかるだろう。見つかるにちがいない。
 
 こうした帯文や序文によって幸福ともいえる句集を編み、俳人として旅立つ僥倖を、たぶん真摯に生きるだろう著者の一途さがうかがえる句集と言えよう。
ともあれ、いくつかの句を挙げておこう。

  草いきれこの道もまた行き止まり     泉
  膝抱いてみるほうたるのあらはれさう
  思ひ消つ落葉とことん踏みしだき
  一頁手前に栞春灯
  吾子に買ふ片道切符風光る
  夫涼しアンダルシアの地図拡げ
  校歌斉唱汗も涙も拭はずに
   
 志磨泉(しま・いずみ)昭和43年、和歌山県生まれ。



 

2017年9月6日水曜日

関悦史「少年(リトル・ボーイ)の魔羅立つ地平 散り建つ原発」(「鷹」9月号より)・・



「鷹」9月号(鷹俳句会)の髙柳克弘によるインタビューシリーズ「俳人を作ったもの 第11回」は関悦史である。
 同じ「豈」同人でありながら、ほとんどプライベートには疎い愚生なので、今号の関悦史のインタビューによって、幼少期からの彼の生い立ちのいくばくかを知ることができた。祖母の介護を語った次の部分にはある種の真実がうかがえた。

(全略)  祖母は食べ物が何が好みで、これだったら食べられるだろうという判断も、私ならできた。ただ漠然と誰かの役に立ったということではなくて、私以外には誰にも任せられない「のっぴきならなさ」がありました。それで無理やりやっている間に身が軽くなった。自殺への誘惑がやや無くなってきた。

ーー最後に若い人へのメッセージをお願いします。には、

関 あんまりないんですが、強いて言うなら「もっと孤独になりましょう」。若い人たちは非常に多く句会をしている感じがします。(中略)
 私はずっと一人でやってきたものだから、みんなすぐレスポンスが来過ぎではないかと思うんです。現代の俳壇の、それも身近な関係内での美意識や流行り廃りに囚われてるのではないか。(後略)

と語っている。
話しは変わるが、先日、『存在者 金子兜太』(藤原書店)を読んでいたら、髙柳克弘の「子馬のように」(兜太さんへの手紙)で、泣かせる文章に出会った。

 兜太さんには、以前、秩父で行われる「海程」の俳句道場に招いていただいたことがあります。私を紹介するときに、俳句の世界のじいさん、ばあさんに理解されなくてもいい、俺は分かっているからそれでいい、と言われ、そのあと、控室で一人になった時に、私は涙をぼろぼろ流しました。

 という箇所である。若き日の金子兜太もまた、前世代の俳人たちの無理解に対して敢然と闘っていたことを思い出していたに違いない。
 ともあれ、関悦史のいくつかの句を以下に挙げておこう。

    ヘルパーと風呂より祖母を引き抜くなり   悦史
    人類に空爆のある雑煮かな
    テラベクレルの霾る我が家の瓦礫を食へ
    数千万人人体実験中正月
    「あいつ綺麗な顔して何食つたらあんな巨根に」風光る