2017年12月10日日曜日

宇田川寛之「三島由紀夫の享年近づく僕たちは自決の秋の午後に生まれき」(『そらみみ』)・・



 宇田川寛之第一歌集『そらみみ』(いりの舎)、18歳のとき2歳年上の歌人・枡野浩一と知り合ったという。その時の短歌の一つが、

 「もうハタチ・・・・自覚しなきゃ」と言ったのに「自殺しなきゃ」と伝わる電話
                                   枡野浩一

だった。宇田川寛之が「短歌人」に入会したのも二十歳。そして言う。

 歌集をまとめようと思ったことが三十代半ばまでに二度ある。しかし、いずれも生活環境の激変があり、歌集どころではなくなってしまった。(中略)覚悟がなかった。以後も歌集刊行を勧めてくれる人がいないわけではなかったが、まさに生活に追われて、歌集をまとめようとは到底思えなかった。やがて勧めてくれる人は皆無に近くなった。

 纏められた短歌は2000年から15年の間の作品415首、二十歳から「短歌人」の欠詠がなかったというから、歌数は相当なものにのぼったはずだ。数首を除いて、20代の作品はほぼ捨てたようである。
 愚生が彼を知ったのは、「俳句空間」(弘栄堂書店版)の新鋭投稿欄である。もう20数年前のことだ。『燿ー「俳句空間」新鋭作家集Ⅱ』に参加してもらった。一人100句・16名のアンソロジーだった。その頃、宇田川寛之は俳句も作っていたのだ。当時23歳、アンソロジーのなかではもっとも若手であった。その時の正木ゆう子の評に、「追想に本音のような天気雨」「パラフィンのごとき言ひ訳繰り返す」などの句を挙げたのち、「もともと体質的にこの作者には『切れ』に対する必然性が希薄なのかもしれない。現在は俳句は開店休業中で、短歌の雑誌に属しているという。優しさは短歌では長所に転じるだろう」と記している。その優しさは本歌集に満ちている。愚生は年のせいか、おもわず涙腺を刺激された歌がいくつもある。宇田川寛之は、いまや充実の時を迎えようとしているのかもしれない。静かに六花書林という詩歌の出版社を一人で立派にやっている。
 ともあれ、いくつかの歌を以下に挙げておこう。

  愚図愚図と雨降りしきる。渋滞に連なるのみの二十代はも   寛之
  間の抜けた謝罪を朝に投函す酒のちからの口論の果て
  転居通知を投函せしが〈転居先不明〉と戻りきたるいちまい
  花水木はじめて見る子を抱きつつ五月の空のした抜けられぬ
  来年二月古稀を迎ふるはずの父、途切れ途切れの例のさびしさ
  待ち合はせ時間に遅れ焦る吾を背後から呼ぶこゑはそらみみ
  どしやぶりはおもひがけずに来るものぞひとつの傘に子と身を寄せて
  受賞者へ短きメールせむ「友がみな」などぼやくことなく
  無名なるわれは無名のまま果てむわづかばかりの悔いを残して
  匿名の許されてゐるゆふぐれを行き交ふひとはみな他人なり

宇田川寛之(うだがわ・ひろゆき)、1970年、東京都生まれ。




2017年12月7日木曜日

江田浩司「手にそっとふれてゐるのはきのうから消えずに残る夕日だらうか」(「扉のない鍵」創刊号)・・



 創刊の挨拶に、文藝別人誌「扉のない鍵」とある。同人誌ではない別人誌なのだ。編集後記に以下のように記されている。

 ◇「扉のない鍵」は、[文藝別人誌]という聞きなれない名称の雑誌である。私は当初、本誌に集う者が、普段とは異質な創作を行う場として別人誌を位置づけていた。また、同人誌のような関係性をなるべく無化した上で、他者による競演を意識したところもある。しかしそれは、あくまでも表層的な意味づけにすぎないだろう。各別人のテクストが、本誌にどのような本質を付与できるのかが、本誌の生命線である。

 編集人は江田浩司、発行人は[TNK]、発行所(発売・北冬舎)は江田浩司方、[別人]三十人によって創刊された雑誌である。各自のジャンルの壁はないとあるが、小説、エッセイ、評論などもあるものの、印象は、やはり短歌の別人誌の感じである。特集は「扉、または鍵」にまつわる(題詠)創作に加えて、加部洋祐歌集『亞天使』をめぐる「闘論会」ライブ版が約50ページを占めている。
 別人のなかには愚生の既知の方も何人かいらっしゃる。かつて「豈」同人だった生野毅もいて、「蛭化」という詩を寄せている。冒頭は、

 一枚の大きな扉は おお空に吊るされ 身じろぎもせず 時に微風にたじろぐ 

から始まる詩篇である。ともあれ、以下に三人の方の各一首を挙げておこう。

    ひろいそらどこまでもひろい春のそら(とくに何もないな、なにも) 加部洋祐
  どこまでが季何のからだか例ふれば鼻腔の空氣、胃の中の柿 堀田季何
  歳月はここにも滲む 玄関のだんだん回りにくくなるシリンダー 生沼義朗
  扉なき世界みだらに放たれて 排水溝の孤児(みなしご)阿修羅 玲はる名



★閑話休題・・・

 江田浩司には大冊の近著『岡井隆考』(北冬舎)がある。巻末の岡井隆自筆年譜抄や岡井隆著作一覧、岡井隆研究史などだけでも読み応えがある。論考はさすがに精緻を極めている。ただ、愚生が岡井隆を読んでいたのは、国文社・現代歌人文庫『岡井隆歌集』までで、いわゆる岡井隆失踪後は『鵞卵亭』『人生の視える場所』までである。その後は、ほとんどその営為に接してこなかったので、本著によって改めて、岡井隆の詩的営為について蒙を開かれる思いだった。当時、並走していた塚本邦雄も魅力的だったが性に合ったのは、岡井隆の方だった。尊顔を拝した最後は、「現代俳句シンポジウム」の企画で、健在だった三橋敏雄との対談の折り、現在、日野草城の評価が低い、もっと見直されてよい俳人だと語っていたのが印象に残っている。

江田浩司(えだ・こうじ)1959年、岡山県生まれ。


2017年12月6日水曜日

石寒太「いろいろいろいろはもみぢのちりぬるよ」(『風韻』)・・



 石寒太第7句集『風韻』(紅書房)、栞には宇多喜代子、末尾近く、

 石寒太の俳句には、夢や幻を追うような難解な嘘がない。過剰な装飾や知識や蘊蓄の偏重もない。自身が生きて、見て、感じたところから自らの内部の意識とことばに近づいてゆく。ことばと接するのにもっとも至難である「生」や「死」が、ごく自然に句の中で無理なく自分のテーマとして表現されているのも、他人の考えや他人のことばではなく、石寒太自身の思い、石寒太のことばで表現さているからであろう。

と述べている。句は幅広いが、楸邨の弟子というだけあって、師にまつわる句、楸邨の句を思い起こさせる句もおおくある。とりあえず、楸邨の名を刻む句を挙げてみよう。

  七月の三日楸邨忌を修す     寒太
  楸邨の供華はなやぎし梅雨墓参
  楸邨の謎めく一句去年今年
  楸邨のことば反芻春の風
  楸邨の星出るころぞ木下闇
  楸邨忌前日鰻焼け焦げし
  楸邨の句碑にもひとつ螢来よ
  楸邨の海月のくらり沈みけり
  楸邨のことばのちから茨の實
  楸邨の怒濤きらきら夏至の朝
  楸邨の顎の黒子や十二月

著者「あとがき」には、

  『風韻』とは風趣、少しでもこころ豊かに過ごしたいとのささやかな願いからつけたが、果たして如何であったろうか。

とある。「炎環」30周年おめでとうございます。愚生が、石寒太に最初に会ったのは、現代俳句のシンポジウムの打ち合わせか、何かで東中野で坪内稔典らと一諸だったとき、毎日新聞社の名刺に石倉昌治とあったのを鮮明に覚えている。やはり、30年以上前のことのような気がしないでもない。
ともあれ、愚生好みで、いくつか句を挙げておきたい。

  病む馬のたてがみへ降り流れ星
  戦争法案通過す四万六千日
  つくつくほふしつくつくぼふしつくしけり
  瓦礫二年更地三年赤蜻蛉
  飛花落花非核宣言都市真昼
   悼・長谷川智弥子
  つばくらめ風のいのちと繋がりし
   佐藤良重句会へ
  うららかや句座に着きたる車椅子 

石寒太(いし・かんた)1943年、静岡県生まれ。



2017年12月4日月曜日

佐藤りえ「海市見てより繪のなかの潮鳴る」(「guca」リニューアル創刊号)・・



「guca」短詩系マガジン[グーカ]リニューアル創刊号、テーマは「短詩への扉をつくる人たち」(編集部は太田ユリ・佐藤文香)。
 特集1は新装版『角砂糖の日』で「編集者・平岩壮悟に聞く・新しい扉の作り方」、短歌作品は服部真里子「変身」、短歌と文は、枡野浩一「布ならば三千円で売れるけど三千円の紙は売れない」。枡野浩一は相変わらず面白い。伊勢丹新宿店で店員として働き、自分の短歌をスゥェットに印刷した、イメージとしてはTシャツに短歌が印刷されているものと思えばいいらしいが、服飾ブランド商品として展示販売しているという話だ。
枡野浩一とは、大昔のことだが(攝津幸彦没後、まもなくの頃だったとおもうが)、「豈」東京句会を新宿・サムライでやっていた頃、マガジンハウス「鳩よ!」の句会取材で来て、句座をともにしたことがある(愚生の作をふくめてどんな作だったか全く記憶がないが・・)。
 特集Ⅱは『天の川銀河発電所Born after1968現代俳句ガイドブック』の編著者・佐藤文香インタビューが掲載されている。中に、

  これから、もっと読みたいのは口語の俳句です。今回公募で選んだ五人は五人とも、文語・口語に意識的な作者でした。特に佐藤智子さんは新時代の口語俳句にあたるんじゃないかと思って。口語だからわかりやすい、というのではなく、今のしゃべり言葉が本気で俳句に攻めてきたような句がいいですね。

 とあった。愚生はそれに是非、現代仮名遣いで書かれる奔放な作品がでてくれば、もっとイキイキとするような気がする。それは、作品として表現されたときに、歴史的仮名遣いがどうしても、ある種の安定した情緒からのがれられないからだと思う。現在に秩序を与えてはいけないのだ。
 他には「々々の絵俳句」で柳本々々、この人、多才だな、と思った。
 ともあれ、以下に俳句作品から各人一句を挙げておこう。

  真葛原何もなかつたのに起伏      クズウジュンイチ
  夕凪や錠剤各種凡て白         半田羽吟
  餡ぱんの顔投げられて鳥雲に      佐藤りえ



2017年12月3日日曜日

佐々木敏光「冬の沼おぼろなるものたちのぼる」(『富士山麓・晩年』)・・



 続・佐々木敏光句集『不二山麓・晩年』(邑書林)、集名由来の句は、

  晩年や前途洋洋大枯野      敏光

である。本集は『富士・まぼろしの鷹』に次ぐ第二句集。俳句個人誌『富士山麓』(ウェブ版)の創刊号(2012年9月号)から2017年8月号までの5年間の句からの自選である。初出がウェブ上なので、(俳句・佐々木敏光・富士山麓)のいずれか2語の検索で画面がでるが、毎月相当数の句が発表されており、多作の作家である(俳句をほとんど作らない俳人の愚生など到底及ばない)。従って厳選の573句ということになる。
 巻尾に、前書風の短文に句が置かれた章がある(面白い)。ただ、他にも前書のほどこされた句が多いが、これはこれで、句の背景がよくわかるのだが、読者にとっては、一句の謎がなくなるというリスクがあろう。前書がなければ、読者にはより広がりが生まれる。つまり、前書の答えとしての一句が用意されているのである。その分、作者の生活ぶりがよく伺えるのだが、平明すぎるというものではなかろうか。平明でも句は謎を秘めて読者にあれこれ想像させる方が、より楽しめるというものだ。どのようにも書ける、詠める俳人であるだけに、現状肯定ではない日常の俳を育てかえせば、これぞ世に問う佐々木敏光一世の第三句集がもたらされるに違いない。
ともあれ、愚生好みの句をいくつか以下に挙げておきたい。

     順番は運
  銀漢や人順番に死んでゆく      敏光
  死は未踏初日にささぐカップ酒
     老人力
  堂々と財布わするる祭かな
     戦争
  春風や死にゆくために敬礼す
  夢の世にうつつありけり原爆忌
  わが庭の椅子登頂をめざす蛭(ひる)
  炎帝は核融合をしてをられ
     
  ふるさとは枯枝にある懸り凧
    老夫婦 体調不安が続く妻へ
  眠るまで妻の手をとる昼月夜
  滅亡へ遅刻しつづけ秋の暮
  ふらここに乗りてあれこれおぼろなり
  核弾頭飛び交ふ春の山河否(いな)
  このわれにわれパラサイト秋の暮

佐々木敏光(ささき・としみつ)1943年、山口県宇部市生まれ。




2017年12月2日土曜日

西躰かずよし「アト少シ生キタイ雨ヲ受ケル」(『窓の海光』)・・



 西躰かずよし『海の海光』(鬣の会・風の冠文庫22、500部限定、税込1000円)、解説で林桂は、以下のように結んでいる。

  〈西躰かずよし〉は、短律の「境涯性」を擬きながら、その一方で、短律句の内部構造をハイブリッド化しようとしているのだろう。ここには少なくとも、現在に差し出された短律に正対しようとする誠実さがあるだろう。そして、その誠実さに於いて、〈西躰かずよし〉は、短律句の現在を引き寄せている大切な作家である。もちろん、現在の「俳壇」の視線が気づいているふうはないのだが。

 つづめて言えば、『窓の海光』は、現在では、じつに珍しい短律句集である。しかも、林桂の解説以外には、著者による「あとがき」などはない。つまり、この作品集を、言語作品としてのみいかに享受するかということのみが試されているのだが、著者も、たぶん一切の現実的、通俗的な生活を作品の辺々として見せたくはないのだ。それを林桂は「解説」の冒頭近くで、

(前略)短律で書くという行為は、そうした俳壇の外に身を置く覚悟とともに、自ら発表の場を確保する覚悟を持っていなければならない。第一に自己の表現欲求に向かい続ける真摯さと清潔性が必要だ。そして、西躰かずよしは、それを選んで、私たちの前に突如として現れたのだった。

 初出一覧をみると、見事に「鬣」以外には、句が発表されていない。2008年から2016年に至る作品、200句弱だが、珠玉である。ともあれ、いくつかの句を以下に挙げておこう。

  夜、置き去りの月がある
  雨を生れたばかりの色でかく
  死ぬ理由もなく雨にぬれる
  海をきれいな折り紙でつくる
  交叉するひかりをあつめる
  抱いた犬がつめたい
  何時カ空二届ク指
  冬の旅終わり海へ帰る

西躰かずよし(にしたい・かずよし)、1972年京都府福知山市生まれ。
装幀・挿絵、永井貴美子



2017年12月1日金曜日

芦田麻衣子「のけぞって神の舌出す赤ん坊」(『言ノ葉の舞』)・・・



 上賀茂神社奉納小丸屋扇子展『言ノ葉の舞』(六曜社)、上賀茂神社を舞台に、現代の詩歌を京扇子に装飾して展示した「言ノ葉の舞」展。その文芸扇子の制作を手掛けたのは、創業392年の京都の老舗・小丸屋住井とあった。その「言ノ葉の舞」展には、約110名による、詩、短歌・俳句・川柳が寄せられている。文芸扇子の装画は寺岡多佳、扇子の絵柄はすべて違う。図版の恵送にあずかった芦田麻衣子は、短歌と俳句を奉納している。作品は、

  神山の雲を蹴散らし競馬勝負のことは埒の中風    芦田麻衣子
  のけぞって神の舌出す赤ん坊
  青葉舟天の汀に棹さして





 愚生が二十歳の頃、三年間を過ごした記憶の中の上賀茂神社は、よく行った下賀茂神社から糾の森をぬけて質素な感じの社だったが、本図版によると平成27年の式年遷宮や世界遺産に登録されるなど、けっこう煌びやかな印象である。
ともあれ、文芸扇子に寄せられた詩歌のなかからアトランダムに以下にいくつかを挙げておこう。

  はるかなものの訪れのように
  山桃の実の小暗い茂みの中の子が
  うたいだすのである           池谷敦子(詩)

  寄り合いて葦辺に眠る少白鳥包むがごとき弥生の陽ざし  飯塚芳子
  紅を点すだらりの帯のはなやかにわれも舞ひたき京都の夜に 水崎野里子

  白木槿百花は天に向ひをり       辻中昭一
  火の山へ火の声放つほととぎす     みや子   
  内助の功卒業せしと妻笑ふ       馬場一甫
  寺まいりよく誘われる年になり     みとよ