2018年4月25日水曜日

酒井弘司「天命という言葉ふと二月尽く」(「朱夏」138号)・・・



「朱夏」138号(朱夏俳句会)、「朱夏の俳句鑑賞」に、中上哲夫「金子兜太の精神ー『朱夏』137号を読む」の冒頭部分に、

 社会性と土着性ー『金子兜太の100句を読む』の名著もある酒井弘司主宰にも「朱夏」の皆さんにも金子兜太の精神が脈々と流れているような気がするのだ。

とあって、「朱夏」の句の鑑賞に入っている。他に、酒井弘司「兜太俳句断章ー思い出すことなど」には、「海程」の初期の編集長であり、かつ金子兜太の在り様についても、傍に居た者でなければ、わからないだろう貴重な指摘がここかしこになされてる。例えば、

 わたしは、俳誌「俳壇」(平成21年9月号)で「金子兜太100句」を選句、掲載したときにも「今は亡き皆子夫人の慧眼については、何度でも口をすっぱくして言いたい」とその功を書いた。熊谷の一戸建て、庭のある新居に入ることがなかったら、後半生のアニミズムを取り入れ産土の秩父へ思いを込めた作品も、存在の基本は土にあるということを主張することもなかったのではないか。
 兜太先生の願望は、「今日の俳句」(光文社 昭和40年)の表紙に添えらえた「古池の『わび』よりダムの『感動』へ」というキャッチフレーズのように、現代的なマンションだった。 

と記されている。たぶんそうに違いないと思う。そして、結びには、

 霧の村石を投(ほ)うらば父母散らん     昭和37

かつて、こう書いた秩父の村に兜太先生は還られた。
この句をつぶさに見ていくと、故郷への母体憧憬の思いと、故郷を撃つ形姿とが二重写しに見え隠れしている。
 人間探求派に連なる兜太先生は、今ごろ楸邨と褥を同じにしていることであろう。

同号より他の句を少し挙げておこう。

   春の山鬼かえりゆく朝の道       酒井弘司
   兜太臥し春一番を遠ざける       鈴木淑子
   水脈の果て兜太秩父の地に還る     村上 司
   胸底にたった一点兜太痕        辻 升人
   冬鵙や「戦よあるな」兜太の死     中岡昌太
   雪の朝兜太何処の水脈の旅       和田義盛
   

  

2018年4月24日火曜日

野木桃花「火に仕へ水に仕へて昭和の日」(『飛鳥』)・・



野木桃花句集『飛鳥』(深夜叢書社)、著者「あとがき」に、

 俳句結社「あすか」は創刊主宰名取思郷先生のお住まいに近い東京都北区の飛鳥山から命名されました。この句集は先師に捧げる思いから句集名を『飛鳥』と致しました。

とある。その思いもあってか飛鳥山を詠んだ句も多い。

   料峭や松の樹影のあすか山      桃花
   先師ふと脳裏に花の飛鳥山
   はつなつの大地の鼓動飛鳥山
   師の忌来る飛鳥の山の初桜

 因みに、先師・名取思郷創刊の「あすか」は、今年4月号で、創刊55周年を迎えている。

   
 句集の栞文は投げ込みで、齋藤愼爾「吉野幻視行ー芭蕉・野木桃花・前登志夫」と武良竜彦「漣の美学」である。まず、齋藤愼爾は、

 芭蕉、桃花、登志夫の三作品に共通しているのは、「桜の森の満開の下」の「冷たい虚空がはりつめているばかり」の場所に、人間の「孤独」を凝視していることだろう。三人が見せる人間存在の切なさ、かなしさ、澄み切った美、虚無の極限。なかでも野木桃花氏のように満開の桜の、目も眩むような異界に分け入ることを、「花びらの扉が開いて」と具象化してみせた文学者はかつていただろうか。

と述べ、武良は、

 (前略)この「一日」「一歩」が平穏な日常を育む平和の最重要元素である。平常心であることの「冴え」である。声高に反戦を叫ぶ沸騰型言語と精神はその対極にある。そこでは言葉が表層化し、命と暮らしの実感的実体と遊離して、空疎化するばかりである。平和の真の敵はそんなスローガン言語と精神である。
 『飛鳥』に収録された野木桃花俳句は、そんな社会的な流通言語と荒廃した精神とは正反対の、太古より自然物の芯の辺りで育まれてきたような静謐な世界に満ちている。

 と賛辞を惜しまない。ともあれ、以下に愚生好みの、いくつかの句を挙げさせていただこうと思う。

   ちちよははよ冬の花火が見えますか
   新涼や素肌になじむ母のもの
   心身の眠りたりなき返り花
   白線の内側に立つ初時雨
   結界やしつらひ終えし流し雛

野木桃花(のぎ・とうか) 1946年、神奈川県生まれ。


2018年4月23日月曜日

川名つぎお「フロイトや死の本能は土を恋う」(「俳句界」5月号より)・・・



「俳句界」5月号(文學の森・4月25日発売)、の姜琪東の「編集後記」には、

 ことし六月で創立15周年を迎える。これは奇跡だ。四月六日付けで林誠司編集長が退職。(中略)小生もこの機会に社長職を辞任、寺田敬子に譲った。

 とあった。突然のことで少し驚いたが、愚生は、60歳から4年半、顧問として世話になった会社なので、いくばくかの感懐はある。在職の折り、堅めの企画は多く姜琪東から出されていた。後記に、毎月赤字続きと言いながら、「会社には経営資金はたっぷりある」とうらやましいことが書かれていたが、会社自体は姜琪東が健在であるかぎり大丈夫だろうと推測する。
 とはいえ、いずこも世代交代の嵐が吹いているのは間違いなさそうである。
 今月号の「特別作品21句」には、偶然だろうが「豈」同人2名が起用されている。もっとも川名つぎおは「頂点」代表、山﨑十生は「紫」主宰でもある。あと一人の和田華凛は、「諷詠」の若き主宰で期待の人と言ってよいのだろう。他にも田中陽が特別作品50句を寄せている。それらの句を以下に挙げておきたい。

  さわやかに徴兵なし基地を賜わり      川名つぎお
  宇宙と祭りは膨張している
  限界地球をなお耕している
  同時代のアウシュビィッツを出られない
  
  これ以上ない後腐れつばくらめ       山﨑十生
  もうゐない人ほど恋し青き踏む
  竹皮を脱ぐに万全たる禊
  青鮫忌とどのつまりの原発忌 

  たまきはる宇智野遥遥夏霞         和田華凛
  大坂屋長兵衛冷酒父所望
  夏蝶や甍の上の空の色

  憲法変えて空母をつくる花が散る      田中 陽
  爆弾が落ち蝉でない肉片樹の幹に
  「ヒト」の檻に入って・出てかんがえる
  天皇も焼跡世代 おわっていく 

 あと一つ、興味のあった記事は、大輪靖宏・坂口昌弘・角谷昌子の鼎談「現代評論の問題点」。評論とは何かについて、大輪「『俳句とは何か』は、研究を踏まないと出て来ない」、坂口「突き詰めれば結局は観想なんだと。作品の良さを説明する良い感想が良い批評だと思います」、角谷「私は評論を書く姿勢として村上護さんの現場主義を、現場取材を参考にしています。確かに文献だけでは人物像が見えていない」と、三者三様ながら、真っ当な在り様と指摘をしている。



  

2018年4月22日日曜日

植松隆一郎「弘前にジャズ喫茶あり遅桜」(第178回遊句会)・・・

 


 先日4月19日(木)は第178回遊句会だったが、愚生はよんどころない事情があって出席できず、欠席投句をした。その句会報の便りに、「今、目黒あたりではツツジとサツキが一緒に咲いています」とあった。当日の兼題は「朧」「遅桜」「草餅」。以下に一人一句を挙げておこう。

  不機嫌な右脳で見てる朧月          植松隆一郎
  早足の春をとどめる遅桜            武藤 幹
  草餅の強き緑や鄙(ひな)の色         石川耕治
  草餅の笑くぼに溢(あふ)る小さき春      橋本 明
  (きね)を染め臼(うす)を染めたるよもぎ餅 村上直樹
  ふうわりと朧の月を抱きしめて         渡辺 保
  私小説にハッピーエンド遅桜         たなべきよみ
  特攻の機なく長らふ遅桜            川島紘一
  遅桜湖面の富士に散り急ぎ           石飛公也 
  早喰いの癖が悲しやよもぎ餅         春風亭昇吉 
  待ったぁっていつもの手だろ遅桜        山田浩明

番外欠席投句・・・

  (いも)に先越されしも今遅桜       林 佳子
  振り向けば街は朧よ男坂          中山よしこ
  ああそうか、取り残されて遅桜       原島なほみ
  たこ焼屋出ていた辺り遅桜          加藤智也
  双葉とて濡れたることもおぼろかな      大井恒行 

次回は5月17日(木)、179回遊句会、兼題は「立夏」「走り梅雨」「母の日」と当季雑詠。



★閑話休題・・・

 で、愚生はといえば、翌日4月20日(金)は「港」創刊30周年記念祝賀会、於*グランドプリンスホテル高輪に出かけた。久しぶりで多くの方々にお会いした。木遣り(日本火消し保存会)で幕が開き、副主宰・衣川次郎の開会の挨拶に続き、主宰・大牧広の挨拶、来賓祝辞、乾杯のための鏡割り(写真上)と続いた。中央に大牧広を囲んで、左から大久保白村、宮坂静生、大牧広、有馬朗人、高野ムツオ、中村和弘。


         大牧広著『俳句の味方』(東京四季出版)↑



   

2018年4月21日土曜日

宮入聖「噴水とまりあらがねの鶴歩み出す」(「つぐみ」NO.177号より)・・



 「つぐみ」2018.4月号、NO.177(俳句集団つぐみ)の「風のあんない(73)-わたしの好きな句ー」に関朱門が宮入聖の句について書いている。その句がブログタイトルにあげた「噴水とまり」の句である。そのエッセイの末尾近くに、

  あくまでもフィクション。しかし、噴水の止まった世界の奥にあるものが何かを言い当てている。四十歳になりたての俳句初心者の私は、シュールレアリズムの世界へのあこがれもあり、いっぺんに魅了されてしまった。「本当っぽい嘘、嘘っぽい本当」が本質に迫ることを教えてくれた一句。
 ほかに『聖母帖』より
   蜀葵母があの世に懸けしもの
   月の姦日の嬲や蓮枯れて後




 
 もう一つ、葉書一枚に記されいる通信、山内将史の「宮入聖という俳句」60/2018年4月18日を以下に紹介しておきたい。それには、

   涼しさの入墨を出る白狐かな    宮入聖『鐘馗沼』

 名人の描いた動物が絵から抜け出るという話はよくある。宮入聖にも他に「襖絵を獅子が出てゆく死後の月(『千年』)がある。「死後の月」なんて書いてみたい時期が宮入聖にもあった。(中略)掲句は白い色とか血とかいった生々しい描写ではなく空想的な世界だろう。一陣の風のように入墨から白狐が抜け出てゆく。水墨画か、水墨画風のアニメーションのような味わいがある。

宮入聖にはいまだに隠れたファンがいるようである。
話題を「つぐみ」誌にもどして、同号には外山一機の連載「『歩行』の俳句史(3)ー飯田蛇笏の「歩く」、龍太の「歩く」」、鶴巻ちしろの連載「鶴巻ちしろの折文箱(32)」と興味深い論とエッセイが掲載されいる。
 そういえば、宮入聖に『飯田蛇笏』の一本があった。
ともあれ、「つぐみ」同号よりいくつかの作品を挙げておこう。

  まんさくや風のマントの透きとほり    司 雪絵
  先生の死後と花粉とくしゃみです     谷 佳紀
  兜太睡る秩父の里に繭こぼれ       寺口成美
  巨星墜つ春一番を待たずして       津野丘陽
  土に生れ土愛でし翁よ青鮫来たぞ     井上広美



           撮影・葛城綾呂 ↑
  
  

2018年4月19日木曜日

川嶋健佑「金魚放つ水槽広すぎて悲し」(『Hello world』)・・・



川嶋健佑句集『Hello world』(私家版)、著者「あとがき」には、

 ハローワールドでは、大学時代から会社を辞めるまでの約5年間の俳句をまとめた。大学時代、私は自分の文体を作り上げたいと言っていた。いま振り返ってみて自分の文体を得ることができたのだろうか。(中略)
 とても悲しく荒野をただひとり歩いてゆくような作業だったと言いたいが、この表現は陳腐かも知れない。いまから表現の旅に出たい。

とあった。思えば愚生は二十代の初めころ、一句を書いたらこれを最後に俳句を止めようととばかり考えていた。実際に愚生は書きたくなるまで句作を中断した時期がある。ともかく川嶋健佑は「新たな表現の旅に出たい」という。つまり、これまでのものは捨て去って、新たな挑戦ということだろう。その覚悟を祝福したい。まさに誰にも紛れることのない自身の文体のために・・・。いくつかの句を以下に挙げておこう。

  テヘという案山子アハンという案山子   健佑
  メタファーでないハチミツをなめている
  桜散る造幣局に君と僕
  月面は風船ガムで行く夜長
  向日葵へララ行けばキキ追いかける

  また、同時に恵まれた誌は「つくえの部屋」第2号。川嶋健佑の個人誌だという。俳句甲子園のことや鬼貫青春俳句大賞のことなどが記事としてある。藤田亜未「俳句甲子園秘話」に、

 「我々バンビ句会は次世代を担う俳句マンシップにのっとり心から俳句を楽しめるものよって結成される。(略)従来のいかなる俳句理念にも束縛されず、自由に句作に取り組みそれを鑑賞し、21世紀の俳句革新の礎となるべく精進することを旨とする」

とあった。心意気をよしとしよう。さらに、鬼貫青春俳句大賞にふれて、うにがわえりも「テニス選手によるバドミントン」では、

  (前略)とにかくわたしは俳句によくある文語調の表現や、切れの概念、難しい季語になじむことができなかった。今は平成の世の中なのだ、口語で書けやと思う。「や」、「かな」なんて、字数の無駄じゃないかと思う。そして「われから」って何やねん。「相撲」に至っては、テレビで年中やっているのに季語としては秋になるのだという。「歳時記」つくった奴、出てこいや!と高田延彦のようなトーンでクレームをつけたくなる。(中略)鬼貫青春俳句大賞選考委員である坪内稔典氏は、そんなわたしの同賞受賞作を「楽観的で歯切れのよい口調が心地よい」と評した。つまるところ「おバカ」と紙一重なのだろうが、この坪内氏の評は私の作歌態度とも通じるところがあるように感じ、たいへんうれしく思った。

と記している。ともあれ、「つくえの部屋」第2号に掲載されている記事中の句からいくつかを以下に挙げておこう。

   冬晴やアンテナ曲がり立つ襤褸屋    張沢碩
   鳥居から吹く風を見る春の鹿       寒天
   天高し直感が好きプリン好き     塩見惠介
   将来を嘆く 流氷だからなに?    川嶋健佑
   巨神団等 糞と哭びしが今吹雪くなり 八鍬爽風
   春風みたいにしますねと美容師笑ふ  工藤玲音
   花ひとひらふたひら君を忘れない   黛まどか
   水温むイソジンのもわもわもわもわ うにがわえりも   



           撮影・葛城綾呂 ボタン↑

2018年4月17日火曜日

ふけとしこ「木の芽寒箸を入れれば濁るもの」(「ほたる通信Ⅱ」《68》)・・・



「ほたる通信Ⅱ」2018・4《68》は、ふけとしこが発行している一枚の葉書である。半分にふけとしこの句、あとの半分はエッセイ。今葉の題は「濁る」で6句が添えられ、エッセイには高野ムツオと坪内稔典の句を挙げてのもの。
 以下のようにしるされている。

   せりなずなごぎょうはこべら放射能   高野ムツオ
   せりなずなごぎょうはこべら母縮む    坪内稔典

高野氏の句は先の東北大震災影響下の問題を書き止めたもの。草の名全てを仮名書きにした柔らかさにゆったりと読んできて、最後の「放射能」でドキンとさせられる。
(中略)
かたや坪内作品の方は〈ほとけのざすずなすずしろ父ちびる〉と対になったもの。これで春の七草が揃う。(中略)二十数年前の作品である。当時、後に原発事故の問題が起きるとは誰も思いもしなかった。私達は人体に影響のない(ことになっている)空気の中で、人体に影響のない(はずの)物を食べて今日も過ごす。
 
 句の出来としては、坪内稔典の句に軍配があがるだろう。なんと言っても母縮むにリアリティがある。それは多くの息子や娘が大人になって、母の老いを目の前で感じるときに抱く共通した感じ、抒情を表現しているからであろう。だがしかし、眼にはみえなくとも、逃れがたい「放射能」を座五に据えた高野ムツオの句の批評の眼差しも捨てがたい。それぞれ、いわば趣の違う、目指すところの違う句なのである。
 ともあれ、以下に同通信の句を添えておこう(ブログタイトル以外の)。

   初蝶の日を間違へたやうに来て     としこ
   四阿の隅に繭ある遠霞
   野を焼いて法被の脇のほつれたる
   にはとりの砂浴び長し夕永し
   三月の橋にたむろの大鞄




           撮影・葛城綾呂 竹の若葉↑