2017年8月18日金曜日

橋本明「笑顔ふり手ふり踊るや車椅子」(第170回遊句会)・・



 昨夜は記念すべき第170回の遊句会、於:たい乃家だった。とは言っても愚生が最も新参者のペイペイなのである(句歴は愚生が馬齢を重ねるごとく長ーいのだが・・)。
 今月もその一人一句を以下に紹介しておきたい。

  無花果のなめらかという摩擦      たなべきよみ
  いちじくの舌にざらりとアジアかな   石川耕治
  無花果のどこやら腐肉食(は)むここち 武藤 幹
  盆踊り三池を知らぬ月が出る      植松隆一郎
  一村に五十余人や盆踊り        村上直樹
  無花果の実は謎のまま失楽園      山田浩明
  秋めくや老いの矜持が邪魔をする    石原友夫
  飯館や無花果熟れて朽ちをまつ     石飛公也
  道草の戯(ざ)れ合う影も秋めきぬ   橋本 明 
  秋めくや警策響く古刹かな       山口美々子
  死んだ子が輪の中にいる盆踊り     春風亭昇吉
  無花果やシルクロードの旅遥か     中山よし子
  無花果の切り口に乳母恋ひし      渡辺 保
  無花果や報われぬ事多かりき      林 桂子
  午後五時の家路のメロディ秋めいて   加藤智也
  無花果は古来稀なる内気なり      原島なほみ
  噺家の座っておどる盆踊        大井恒行



★閑話休題・・・
小林良作著『八月や六日九日十五日』(「鴻」発行所・900円)のこと記す。
本書は「八月の六日九日十五日」という句を著者の小林良作が作ったところ、類似句ありとされて、ボツにされたこと話しが始まる。実はこの句には多くの類似句、いや同じ句が存在することが分かり、この句を最初に作った人を探し出す旅を敢行するのだ。
つまり、同じ句を戦後に多くの人が詠んで来たのだ。
この本を遊句会の渡辺保氏が、読めといって愚生に貸してくれたのだ。
そしてこの句を最初に作った人にたどり着く。その人の名は諌見勝利。しかも大分県宇佐市城井お掩体壕公演には句碑もあった。90歳で逝った父・諌見勝利の子息・康弘氏の寄稿には、

  九十歳で逝く半年前のクリスマスに洗礼を受けた父は、これらの出来事が、その時まで記念され、そしてそれが真の平安に新しく生まれ変わりますようにという祈りを、この句の中で祈り続けていたのではないでしょうか。

と記されている。この先行句に対して、愚草「八月尽六日九日十五日」、中村洋子「八月の六日・九日・十五日」など15人ほどが、類似句を作っていた。これらは盗作ではなく、こういう構造の句に、それぞれの作者が、ある思いを込めて作句したのであろう。



          撮影・葛城綾呂↑
  
  

2017年8月17日木曜日

鈴木志郎康『とがりんぼう、ウフフっちゃ。』(書肆山田)・・



 鈴木志郎康の詩集は、ここ四半世紀のあいだ、単独詩集10冊ほどは、すべて書肆山田から刊行されている。「あとがき」には、冒頭「三年連続で詩集を出せたのは良かった。嬉しいです」とある。その三冊とは『どんどんどん詩をかいちゃえで詩を書いた』(2015年)、『化石詩人は御免だぜ、でも言葉は。』(2016年)、そしてこの度の『とがりんぼう、ウフフっちゃ。』(2017年7月)である。つまり、鈴木志郎康が80歳になってから出版された詩集ということになる。
さらに「あとがき」は以下のように記されている。

 かまくら春秋社季刊「星座」二〇一六年夕鐘号No.79に発表した「木の魚眼写真をいつも見てるっちゃ」以外の作品はすべてさとう三千魚さんのWeb詩誌「浜風文庫」に発表した。FacebookやTwitterにリンクされていて、そこに投稿されると、読んだ人が押すそれぞれの「いいね」や「コメント」や「シェア」に読者の反応がでる。その「いいね」や(コメント」や「シェア」の数が励みになって詩を書き続けられたということもある。ボタンを押してくれたみなさんに感謝です。

ともあった。そうしたツールを使いこなせない愚生には想像もできないネットの時代に入っているらしい。ともあれ、引用したい詩はいくつもあるが、短い詩を一篇以下に紹介しておきたい。

     これって俺っちの最後の姿かって

立て掛けた杖が
キッチンのリノリュームの床に、
バチ―ンって
倒れた。
床にペタッと、
してた。
これって、
俺っちの
最後の姿かって、
つい思っちまったよ。
ホイチョッポ。
ここまで書いて、
翌日の夜中に、
キッチンと広間の境で、
杖投げ出すかっこで、
すっ転んじまったっす。
イテテって叫んで、
テレビを見てた、
息子の草多に
抱き起こされたっすね。
怪我はなかった。
麻理が脚をさすってくれたよ。
よかったですっす。
ホイチョッポ。
明るくなって、
庭に、
五月の風が流れ込んで、
若緑の葉が、
さわさわって揺れたよ。

鈴木志郎康(すずき・しろうやす)、1935年、東京生まれ。



          ナミアゲハ↑ 撮影・葛城綾呂

2017年8月15日火曜日

首くくり栲象「夏の世や庭劇場の土の色」(「今月の庭劇場より」)



残暑お見舞い申し上げます。
愚生のところに、首くくり栲象(たくぞう)から今月の庭劇場の案内が届いた。
これを転載したいと思う。ご案内まで・・・

「夏の世や庭劇場の土の色」

庭の土の上に、 蝉の死骸がある。その死骸に二ミリほどの蟻が群がっている。 地面 にはこの夏、羽化するために這い出た坑道の孔が幾つか点在している。  鮭は産まれた川に戻る。 蝉だってそうかもしれない。
 土は不思議だ。 穴に種子をまく。種子は土から養分をもらい変容し、成長し、やがて植えた人に収穫をもたらさんと実る。
それだけではない、かっては「お袋が土の下で云々」という言い方があった。土は生きている者に死者の声を届けている。 

昨年の真夏。  富士山の麓の森で 半日、 蝉の声を聞いていた。  森の蝉にはそのおののエリアに指揮者格の蝉がいて、他のエリアとの塩梅を図り、タクトを振っているよるに思えた。
それにしても、昨年の夏はどこにいったのろうか。またこの夏とどんな繋がりがあるのだろうか。こころを澄ませば、土の下の声は月夜にほてって甲高く、きっときっと聞こえている。

 ●開催日と開演時間
〇8月23日(水曜日)夜7時開演
〇24日(休演)
〇25日(金曜日)夜7時開演

〇開場は各々十五分前
〇雨天時も開催
〇料金→千円
〇場所→庭劇場
〇国立市東4の17の3

 電話 090 8178 7216
   首くくり栲象




            カギハアオシャク↑ 撮影・葛城綾呂   



2017年8月13日日曜日

中川智正「真白から鳥なき獄へ白鳥来」(「ジャム・セッション」第11号)・・



「ジャム・セッション」は江里昭彦の個人誌である。本号・第11号のゲスト作品の嵯峨根鈴子「シュプレヒコール」から以下に一句。

   液晶の画面を水素爆弾がゆく      嵯峨根鈴子

ブログタイトルの句「真白から鳥なき獄へ白鳥来」には、前書が「松下カロ氏の『白鳥句集』を拝読」とある。中川智正の他のいくつかの句を句紹介しよう。

  裏返しのシャツを笑われ夏隣    智正
  三途ふと何級河川か春一番
  徘徊をせぬ母が見る大まぐろ
  義士の日や我ならきっと吉良の侍医
  初陽受く賀状見ること許されず
  おでん吹く腫れ物として獄に生き
  配属の換わる看取と春の午後

 他の読み物中、愚生のもっとも惹かれたのは江里昭彦「哀悼 宍戸恭一氏」である。宍戸恭一は今年1月22日に95歳で天寿をまっとうした。京都・三月書房の店主だった。愚生が二十歳の頃、京都にいた3年間に幾度か店に行った。当時(1968年ころ)、その店には、左翼系党派の機関誌がすべて置かれていた。したがって、最初は故・厚見民恭(玄文社)に連れて行ってもらったのだったと思う(玄文社では、上野ちづこ・江里昭彦らの「京大俳句」が印刷されていた)。いわば、一般書店が敬遠する反体制的な書籍や雑誌が売られていたのだ。その後は、江里昭彦がいうように最新の詩歌の書が、多く置かれる店になっていたから「俳句空間」(弘栄堂書店版)も出るたびに一冊ずつは置いてもらった。
 他の文中、宍戸恭一が江里昭彦と中川智正との縁を結び「ジャム・セッション」を出すにいたる経過も記されている。
 また、「あとがき」には、以下の部分も記されていた。

(前略)まず第一に、VX事件に関する中川氏の発言についての反応である。「資料」として掲載した。北朝鮮の金正男氏が化学兵器であるVXで殺害されたことを、マレーシア警察が発表する前に、氏が言いあてたことは、大きな反響を呼んだ。もちろん確定死刑囚である中川氏が記者会見に応じることは不可能なので、代わりに、氏と接触できるアンソニー・トゥ博士(コロラド州立大学名誉教授)に取材依頼が殺到することとなった。
 新聞、雑誌、NHKニュースに加えて、「アンソニー・トゥ VX」で検索するなら、インターネット上でも多くの記事が読めるだろう。

 ともあれ、本号の江里昭彦「沖縄から遠く離れて」から以下に挙げておこう。

  徴兵ののちも美男という病    昭彦
  水葬かもしれずとどまる沖の船
  拷問の警官がする鰓呼吸

また、以下に同封されていた琉球新報の記事を転載しよう。



  

2017年8月11日金曜日

福田若之「白壁にか黒い蚊グロいかグロい」(「オルガン」10号)・・

 

 オルガン10号の読み物には、片山由美子と田島健一の対談と浅沼璞と柳本々々の往復書簡「『字数の問題』をめぐって」が掲載されている。いずれもそれぞれに興味深いが、片山由美子が対談で語っていたある部分にだけ、すこし異議を唱えておこう。それは、

 片山 (前略)私が俳句を始めたころは、住み分けていたんですよ。高柳重信さんが編集長だったころの『俳句研究』っていうのは執筆依頼も含めて前衛の人ばかりでした。五十句競作で競い合い、俳句研究からデビューする、みたいな。

 どうでもいいことだが、「執筆依頼も含めて前衛の人ばかりでした」というのは少なくとも間違いだろうと思う(もっとも愚生も直感で言っているのだが・・)。当時、髙柳重信の部下として編集部にいた澤好摩にきけば、もっとはっきりすると思うけれど、髙柳重信は俳句形式を語る時には前衛も伝統もなく公平だった。従っていわゆる伝統派も前衛派にも半々程度に作品依頼をし、作品掲載が成されていたと思う。愚生はそこで、いわゆる伝統系であれば、女性作家では、清水径子、飯島晴子、岡本眸、古賀まり子、石田あき子、寺田京子、野沢節子などを読んだ記憶がある。男性では飴山實、上田五千石、上村占魚、清崎敏郎、能村登四郎、波多野爽波、福田甲子雄、草間時彦、森田峠、磯貝碧蹄館などを思い出す。川柳の時実新子もそうだ。
 一方角川の「俳句」は、前衛系にはほとんど依頼しなかったのではなかろうか。というわけで、相対的にみると「俳句研究」のほうが前衛系の俳人ばかりという印象をもたらされていたのではなかろうか。先入観や図式的にものを見てしまっては眼が曇る。
 愚生が最初に「俳句研究」を手にしたのは、二十歳の頃、京都の百万遍近くの小さな書店に一冊だけ置いてあったのを、買っていた。そして、記憶があいまいだが、その中の小さな広告、もしくは時評欄で坪内稔典「日時計」を知り、購入したのだった。その頃の「俳句」も中味の濃い作家特集をしていた。角川源義の「俳句」にもがんこな骨があったのだ。それは片山由美子がいう住み分けではなかった。さらにいえば、角川原義が髙柳重信にある信頼を置いていたらしいことは、髙柳のエッセイにも具体的に書かれている。
 以下に「オルガン」10号より、テーマは「切れ」。

    黄や赤に光が蜘蛛の巣に届く    宮﨑莉々香
    玉蜀黍割るや採血せし両手     宮本佳世乃
    夏や空すとんと落とすように着る  田島健一
    システムや指の模様をわたる鳥   鴇田智哉
    夏の月細胞膜のなかへ差す     福田若之 




★閑話休題・・・

宮﨑莉々香つながりで「円錐」第74号に眼を移すと、宮﨑莉々香は以下のように述べている(『今、田中裕明を読み直す』2)。

 この文章を書くために様々な裕明論を読んでいる訳だが、みんな裕明に期待しすぎていると思う。裕明はもういない、なのに、裕明が生きていたら今、どんな俳句を書くだろうなんてつまらないことを言う。私は何よりそれが嫌だ。大事なのは、今、自分がどんな俳句を書くかではないのか。

そして、山田耕司の編集後記には、
 
 ▼金原さんが九十九歳の頃から文通をしていた。〈前略 体調により俳句つづけてゆけなくなりました。(中略)さようなら 少年兵どの〉山田耕司を〈少年兵どの〉と呼び続けてくれた金原まさ子さんの最後のハガキ。追記にこうある。〈円錐73号拝見 胸がかきむしられるようです〉▼これは円錐新鋭作品賞への思いだろう。ここにあるのは、自在にものを表現することへのせつないまでの希求。▼表現への〈胸がかきむしられ〉るほどの思い。それは金原まさ子が少年兵にくれた最後のプレゼントだ。

とあった。宮﨑莉々香の言挙げもまた、表現への〈胸がかきむしられる〉ほどの思いにつながっているはずである。


           撮影・葛城綾呂↑

2017年8月9日水曜日

中島修之輔「米兵の巨大な尻や遠き夏」(『系譜』)・・



中島修之輔句集『系譜』(文學の森)、「あとがき」によると著者の俳句の出発は、

 ストレスフルな仕事を終え、余生を豊かにすごすべく趣味を広げました。緑の保全のボランティア活動(鎌倉の緑のレンジャー)、市民農園の農作業、俳句、俳画などです。俳句は地元の結社「和賀江」に入会し、志摩和子先生から写生中心に基礎を教わりました。

とある。その後病に倒れ、退院後リハビリを続けながら、「嘗て現代俳句協会の通信句会に参加し大牧広先生から特選をいただき感激した記憶を頼りに『港』に入会しました」とあった。その大牧広は序文で、

 『系譜』の著者が「港」に入ってこられて、すぐに直感したのが著者の作品が知的であり、その知的な作品に流れているのが、「反骨」ということであった。「反骨」、こう思われるのは、その人が意志的であるということである。いわば「日和見」という言葉と対峙するが、この「反骨」は自信と知性がなくては、只の変り者にしか見えない。ゆえに、氏の作品の底に「反骨」の気脈がながれていることに強く共感したのである。

と述べている。

著者は「句業なお未熟とおもいつつも、相次ぐ病気や怪我から実年齢以上の老いを実感する昨今、ともかくも生きた証しとしてこの辺で句集に纏めておきたいと思うようになり」(あとがき)と謙遜して語っているが、「笹鳴やわが伸び代も信じたし」という句が巻末に置かれている通り、まだまだクタバルわけにはいかないという意思がある。
ともあれ、いくつかの句を以下に紹介しておこう。

   沖縄忌追悼の辞に虚実あり      修之輔
   開戦日記念写真にわが童顔
   葉桜や遠き記憶の樺の忌
   夏深く三池炭鉱不滅まり
   花見酒散華といふ語みな忘れ
   文弱に建国の日の昏かりし
   下萌や餓鬼の頃から反巨人
   墓洗ふ洗はれる日が来るまでは
   長生きを許されてまた敗戦忌
   すすき原この世の妻と歩きゐし
   股引や粋な老などあるものか
   
 中島修之輔(なかじま・しゅうのすけ)、昭和11年、東京港区生まれ。



2017年8月7日月曜日

戸張凱夫「基地帰還不可能に哭き夏雲衝く」(『俳句の底力』)より・・



秋尾敏『俳句の底力ー下総俳壇に見る俳句の実相』(東京四季出版)、下総の俳壇、それも明治以後、戦前から戦後までの、とりわけ、流山・野田の俳句については詳しく、資料を駆使し、事実に即したかたちで、文字通り実相にせまるものである。もちろん、現在の俳壇情勢も記してある。その際の秋尾敏には、ゆずれない眼というものがある。そこでは、イデオロギーよりもむしろ、俳人同士の人間関係に影響を受けて、敷衍する俳句作品の特徴がよく描かれているように思える。地道な作業を積み重ねての労作である。そのことに触れて「あとがき」に、以下のように記している。

 俳句の文学的価値といえば、凝縮された斬新な表現が人々の心を打つという点に集約されるであろうが、それとはまた別の価値が俳句にはある。それは俳句の文化的価値というべきもので、俳句によって人とつながり、コミュニケーションを深め、自らのアイデンティティを形成し、生きがいを見出していくというような価値である。なぜこれほど多くの人が俳句を詠み続けるかといえば、俳句が、人の内面はもとより、現実の生活をも支えるからである。

ブログタイトルの句の作者・戸張凱夫はのちの「軸」主宰・河合凱夫(がいふ)であり、本著はその子息で、現「軸」主宰の秋尾敏である。秋尾敏は、収集した俳書類の鳴弦文庫をも運営し、今後の下総俳壇を、また現代俳句を牽引するであろう俳人である。その「軸」は、先日、創刊50周年を迎えた記念の合同句集『軸燦燦』も、本著と同時に出版されている。その序にもまた、只今、目指すべき目標を序にしたためている。

本書の句が多種多彩であるのも意味のあることで、これからも「軸」は、形骸化した形容を避け、類型化した句を作らぬことを社是とし、幅広い表現様式を認めあいながら継続していくことになるであろう。
                          秋尾 敏

以下に「軸燦燦」より、

 花冷えや出刃で搔き出す魚の腸      河合凱夫(平成11年没)
 囀や日本というホームレス        秋尾 敏
 画架に掴む葛飾の秋余すなし       森 一汀(昭和45年没)
 秋の田の賑わい居しがはやさびし     高梨花人(昭和49年没)
 稲架解いて稲架より重き風を負う     井上富月(平成4年没)
 幾万の雪片の黙木々眠る         河合宏美(平成14年没)
 朧夜のピコと舌出す改札機        逆井和夫(平成二十二年没) 
 星の子も入れて帰りぬ蛍籠        増田斗志(平成26年没)    

秋尾敏(あきお・びん)、昭和25年、埼玉県生まれ。



         撮影・葛城綾呂↑