2017年4月29日土曜日

酒巻英一郎「裏花や/わたくしあめの/外に濡れて」(「LOTUS」第35号)・・



 「LOTUS」第35号は特集「酒巻英一郎『阿多(多に口篇あり)喇句祠亞(アタラクシァ)」評。同人諸氏、同人外から執筆者をそろえ、遺句集即全句集を念願する酒巻英一郎三行表記50句の文字通り渾身の特集である。本誌以前に、そして以後もおそらく酒巻英一郎に関するかくも濃密な特集はないだろう、と思わせる内容である。50句一挙掲載、しかも各句に酒巻自身による「手引き」別添えで「季語」「motif」「語釈」付き。冒頭近くに九堂夜想による酒巻英一郎インタビュー「私と俳句そして多行形式」。さすがにインタビューは見事に韜晦の海に沈められてしまったが(もとより承知の聞き役だったろう)。
 論の中では、十分と思われる量を書いた田沼泰彦「『し』との別れー酒巻英一郎論序説」が酒巻英一郎の師・大岡頌司の句の在り様を描き、その延長線上に酒巻一郎とその作品を評してみせた説得力に指を屈する。論では冒頭に、

   ゆくからに
   角ぐむ蘆の
   言語像            英一郎

をあげ、最後に、

 つまり酒巻の「言語像」にとって、三行形式とは気がつけばそこに在る「おのごろ島」のような「肉体」であることがわかる。実はこの「形式=肉体」とは、俳句における唯一の「ロゴス=真理」に他ならない。そしてそれだけが、俳句形式におけるロゴスとして、常に言葉よりも先んじる存在なのだ。「私」という観念化し得ない気紛れな自我をもって、「ロゴス=真理」に対する「言語像」の優位性を担保しようとした酒巻が、「私」のアリバイ(=不在証明)を成就することで、形式という「ロゴス=真理」の、言葉に対する優位性を逆説的に現出させたことは、俳句における皮肉でも偶然でもないだろう。それは、酒巻が確信していようがいまいが、『阿多(口篇あり)喇句祠亞』の特筆に値する可能性を示している。

と結論している。他にもこの「言語像」の句に触れたものもあるが、さすがに念入りに大岡頌司をたどった高原耕治「言語像のエントロピー」は、大岡頌司句集『花見干潟』の跋に大岡がしるした、

 言語像と共に育つことを、いつからか望まざるを得なくなつた、彼の幼年が、三日を三年と、その遅れがちな言葉の意味に、他郷性を発見する消息については、まだまだ昧いやうである。

を指摘し、「酒巻の使用した言葉『言語像』のそれと同じ意味合いがあろう」と述べている。とはいえ、表健太郎が「滅亡のときを求めてー酒巻英一郎俳句論への試みー」で以下に述べたあたりは、ともに滅びることも辞さないという浪漫派の美学が伺えよう。

 三行形式はその構造が抱える悲劇の宿命により、言語を道連れにして、形式自らが己れの手で己の棺に釘を打たなければならないのだ。そして恐らく、いや確実に、三行形式は酒巻氏を最後の実践者として見事に滅びることになるだろう。仮に意思を継ぐ者が現れたとしても、大岡頌司と酒巻氏の見出したベクトル以外に、三行形式が発展できる余地は残されていない。

他は執筆者の名のみを挙げ、句をいくつか挙げておこう。
広瀬大志・今泉康弘・佐藤榮市・藤川夕海・丑丸敬史・古田嘉彦・松本光雄・鈴木純一・佐々木貴子。

   詳らかに
   具へて
   春の曙は        英一郎

   喚び入れて
   廻す
   山猫廻しかな

   艮の
   雨垂落ちの 
   虎が石




2017年4月28日金曜日

鴇田智哉「人参を並べておけば分かるなり」(「MANO」第二十号より)・・



「MANO」第二十号(編集発行人・樋口由紀子)が、「川柳カード」に続いて、二十年間、二十号で終刊する。最後の同人は加藤久子、小池正博、佐藤みさ子、樋口由紀子。加藤と佐藤は東北人、小池と樋口は関西人。創刊号の同人には先年亡くなった石部明、他には倉本朝世が居た。MANOは終刊した。が、それでもそれぞれの歩みは始まるのだ。佐藤みさ子は言う。

 これから残り少ない時間を私はどうすればいいのだろう。いつ起こるかわからない天災。終わらない戦火。テロや難民。原発という負の遺産などを考えると、私の趣味など何になるのだろう。私個人の未来には、日々新たな老いと死があるのだが、それを楽しむ方法が川柳にはあるのかもしれない。

その佐藤みさ子論を小池正博が「佐藤みさ子ー虚無感とのたたかい」と題して書いている。一方、樋口由紀子は「言葉そのものへの関心ー鴇田智哉句集『凧と円柱』を読む」で、攝津幸彦と鴇田智哉に触れて以下のように記している。

 攝津幸彦は突然現れた怪人であった。私の句集『ゆうるりと』と第二句集『溶顔』はまるで別物で、同一川柳人のものとは思えないとよく言われたが、それは攝津幸彦の俳句に出合ったためである。川柳という概念、物を書く方法、言葉に対する意識など今まで漠然と持っていたものすべてが吹っ飛んでしまい、世界の見え方ががらりと変わってしまった。それと同様のものが鴇田智哉の俳句にあった。攝津幸彦レーンの俳人はもう出て来ないと思っていたので驚きであった。鴇田智哉は二人目の怪人になった。

たしかに樋口由紀子のいうように、当時、攝津幸彦の句はあきらかに新しかった。鴇田智哉も現在の世界の在り様をこの上なく体現している新しさがある(その根拠を明らかに言いとめられないのは無念だが、その感触はある)。鴇田智哉と違うのは、生前の攝津幸彦はほとんど無名だったこと(ごく一部ではもっとも有名だったが・・)。いつか宇多喜代子が「攝津が生きている時に、もっと、みんなセッツ,セッツと言ってあげれば良かったのに・・」と漏らしたことがある。
ともあれ、以下に終刊号から一人一句を挙げておこう。

  足洗う住所氏名が消えるまで      佐藤みさ子
  短いなら短いように舟に積む      樋口由紀子
  すったもんだのあげくに顔を上げる    加藤久子
  縛られた足は見せない共犯者       小池正博




2017年4月27日木曜日

漠夢道「概念の夜霧に濡れているばかり」(『棒になる話』)・・



 獏夢道『棒になる話』(七月堂)。帯の背に「具象から抽象へ」とある。この惹句には見覚えがあると思ったら、加藤郁乎の言った「非具象俳句」なるものに思い至った。
著者「あとがき」には、こうあった。

 ある日から、できるかぎりミステリアスな作品を作ってみたい、そんな思いだけはつねにわたくしの心を占めていたように思います。同時に書くという行為が果たしていかなる充足をわたくしにもたらすものであるか、否。このふたつの思いのなかであるいは揺れつづけてきたのかもしれない。『くちびる』を出版してから十数年という歳月が流れ去っている。

ブログタイトルに掲げた句には、すぐにも、渡辺白泉「街燈は夜霧にぬれるためにある」を思うだろう。実はこうした印象は他の句においても意外と多くあった。それはたぶん漠夢道が俳句を書くことを思考するという行為が招いた結果、こうした傾向を有する俳人の句に影響をうけているのかもかもしれない。一例をあげると、

  草二本おそらく左側である     夢道
  わたくしに肖ている男草二本

の句には、これも有名な富沢赤黄男「草二本だけ生えてゐる 時間」を思い起こさざるをえない。いずれも先行する句があって、その句を下敷きにしたパロディ―とも考えられなくもないが、趣向がかなり違う印象である。
ともあれ、いくつかの句を挙げておこう。

  とある日の桃の木倒る倒れたり
  鳥墜ちる午前二時から午前二時
  影になるためにきてみた夏野原
  カンナとは知らずにカンナ見る男 
  遥かなり山河を仰ぎ仰ぎみる

獏夢道(ばく・むどう)1946年、北海道生まれ。


           撮影・葛城綾呂↑

2017年4月26日水曜日

三橋鷹女「金銀の花ちる水を飼ひ殺し」(『鷹女への旅』より)・・



三宅やよい『鷹女への旅』(創風社出版)「あとがき」によると、

 「鷹女への旅」は「船団」64号(二〇〇五年)から79号(二〇〇八年)まで十五回にわたって掲載した内容をリライトしたものです。

という。三橋鷹女評伝としては欠かせない、出色の一本というところか。資料の渉猟、遺族への取材、インタビューも丁寧に行われている。とりわけ、後半の鷹女句集『羊歯地獄』『橅』の周辺と句の評価をめぐる筆致は、鷹女をよくとらえて放さない。最後に三宅やよいが「私の『鷹女への旅』もこれで終了する」と締めくくったあたりは、やよい自身が鷹女の俳句形式に対した飽くなき想いを、なだめきれないかもしれないと感じたのではなかろうかと、愚生に錯覚させもする。
 『羊歯地獄』の句「饐えた臓腑のあかい帆を張り 凩海峡」については以下のように記している。

 描き出された「海峡」の句を読み返すと一句、一句がシュールレアリズムの映画のショットのように感じられる。それは今まで誰も描くことのできなかった光景であるとともに覗き見たとたん目をそらしたくなるグロテスクなものである。今まで誰がこんな光景を俳句で描こうとしただろう。幻想に力を与えているのは彼女自身の孤独と不安の切実さであろう。

敢えて申せば。それは鷹女にとっては幻想ではなく、孤独と不安の文字通り、現実だったのだと思う。そして、愚生が思い出す別のもう一本の書は、鷹女の句について鑑賞した秦夕美『夢の柩 わたしの鷹女』(邑書林)である。その中に津沢マサ子が書いた「鷹女のこと」で、(三鷹駅からのバス路線図に加えてみ道順が記された昭和37年4月25日消印葉書)を津沢マサ子宅で見せてもらったことがある。そして、津沢マサ子は、その葉書を手に二歳半の男の子を背に括りつけ、鷹女に会うために句会に行った。その男の子は鷹女に何度かあやしてもらったという。髙柳重信に会ったのもその時が初めてだったらしい。
一句を書くことは 一片の鱗の剥脱である」鷹女。
ともあれ、同書より、いくつか鷹女の句を、

   瞳に灼けて鶴は白衣の兵となる      鷹女
   白露や死んでゆく日も帯締めて
   墜ちてゆく 炎ゆる夕日を股挟み
   氷上に卵逆立つ うみたて卵
   寒満月こぶしをひらく赤ん坊
   夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり

三宅やよい、1955年、兵庫県生まれ。



2017年4月24日月曜日

中村裕「地球にそら砂の軋みをからだぢゆう」(『石』)・・・・・


                                                         子息・中村虎州巳(こずみ)↑

昨日、4月23日(日)は、アルカディア市ヶ谷に於て「中村裕さんを送る会」が行われた。去る2月19日に膀胱がんのため、68歳で急逝。発起人は池田澄子、遠山陽子、永安浩美、世話人は寺澤一雄、村井康司、佐藤文香。案内に記された長男・中村虎州巳の「ごあいさつ」によると、

 父、中村裕は二年前に膀胱摘出手術を受けて以来、ガン治療に専念する毎日を送っておりました。昨年暮れから容態が急激に悪化し、残念ながら二月十句十九日に還らぬ人となりました。家族に見守られながrの安らかな死でした。これまでの父の俳句・文筆活動を応援してくださりありがとうございました。

とあった。折笠美秋と同じ北里病院に入院していたらしい。闘病中には遠山陽子・佐藤文香と三人句会もやっていたという。彼が亡くなる直前のある日、遠山陽子・佐藤文香が見舞ったのが最後になった、とのことだった。
 モニターには、彼が師事した三橋敏雄をめぐる会合のスナップ写真が流されていたが、山本紫黄、松崎豊、加藤郁乎、髙屋窓秋など鬼籍に入った方々も多くいた。愚生が中村裕と会ったのもたぶんその中の何かの会だったと思う。
 フリーランスのライターで編集者だった彼が、三橋敏雄に出合って(たぶん、三橋敏雄連載の「昭和俳句栞草」〈「太陽」〉)、俳句を書き始め、住居まで三橋敏雄の傍に転居したのは、髙柳重信宅の近所に引っ越して毎日のように訪ねた三橋敏雄の例にならったのかもしれない。
 愚生と同年齢だから、複雑な気持ちだ。彼が世田谷区のシルバー人材センターに登録して、俳句のカルチャー講座の講師をやると決まって、愚生にも、府中市のシルバー人材センターへの登録を勧めてくれたのは彼だった(もっとも、愚生は俳句講師ではなく、府中市グリーン・プラザ勤務だが)。その代わりというわけではないが、愚生がやっていたしんぶん「赤旗」2年間の俳句時評では、後を託すべく彼を推薦した。彼が最初の手術で入院したことを知ったのは、たまたま会った、その担当記者からだった。65歳を過ぎて、優雅に年金暮しというわけにもいかず、お互いの生活の心配をしていたようなものだ。
とはいえ、思い出すのは、『俳人合点帖』の石田波郷の章で、昭和18年の波郷のマニュフェストとでもいうべき「風切宣言」について、中村裕が

 (前略)「一、俳句の韻文精神徹底、一豊饒なる自然と剛直なる生活表現、一、時局社会が俳句に要求するものを高々と表出する事」。
 つまり「韻文精神」と時局社会が俳句に要求するものを高々と表出すること」は、同一平面上でしっかりつながっていたのである。波郷のいう韻文精神とそれを具体化するための切字の重視は、戦時体制下の国家社会の要請に沿うものであった。(中略)
波郷のとらえた境涯や「人間全体」は、戦争を内に含むものだったことになる。それが境涯や「人間全体」を抹殺するにもかかわらずである。石田波郷は、俳句という伝統文芸の危うさを、身をもって示したといえるのではないだろうか。

と述べたことである。只今現在、日米同盟下の半島をめぐる情勢に、いかなる戦争にも反対するという機運のかけらもないのは、平和ボケのせいか、まさか戦争にはなるまいという楽観からか。ふと、戦前の新興俳句弾圧直前もやはり、そうだったのではないかという思いがよぎるのである。 
ともあれ冥福を祈る。

中村裕(なかむら・ゆたか)1948年~2017年、北海道美唄生まれ。著書に『やつあたり俳句入門』(文春新書)、『疾走する俳句ー白泉句集を読む』『俳人合点帖』(ともに春陽堂)、共著に『ビジュアル・コミニュケーション』など多数。句集『石』(鞦韆堂)。




2017年4月22日土曜日

小町圭「金色に枯れたものから箱にしまおう」(『小町圭選集』)・・



『小町圭選集』(ふらんす堂・本体1800円)、仕様は現代俳句文庫と同様だが(本集の装丁は和兎)、エッセイ・論・主要句を収載した個人選集として、その作家の大方を知るには、格好のテキストになるだろう。
 解説の中で、「面白い俳句という地平を開いた」という前田吐実男の評について、村井和一は、

 小町圭の方法的実験を不毛とする向きもあるだろう。俳句がたえず正統であり続けることの退屈を作者は知ってしまったのだ。

と述べている。その「正統であり続ける退屈」とは、なんでもありの写生、とりわけ有季定型、花鳥諷詠の、いわゆる俳句の王道のことであろう。その王道からの逸脱をこそ前田吐実男は「面白い俳句という地平」と評したのだ。いずれにして、現代俳句という、現在的な俳句の世界においては、かなり難しい道行であることは疑い得ない。それでも、今後も小町圭はこだわって前に進もうとするにちがいない。
ともあれ、いくつかの句を以下に挙げておこう。

  苦瓜を食べてしまうましまうまし     圭
  雪女お尻にプラと書いてある
  みかん金色持って行きなと手に落ちぬ
  一億円金魚を作ろうと思う
  とりとめもなくあれはせきれい
  産声や降る雪よりも新しい
  汚れちまった八月を影干しに
  夕焼けや只今父は湯灌中
  呉れるなら母が欲しいと生御霊




2017年4月21日金曜日

北大路翼「滅びゆく日本の隅で金魚飼ふ」(『第七回田中裕明賞』)・・



 『第七回田中裕明賞』(ふらんす堂)は、第七回田中裕明賞決定までの選考委員会の経過と、受賞記念の神楽坂吟行、祝賀会の様子などをまとめた冊子(というよりも一冊の分厚い単行本という感じだが)である。候補作句集のいちいちの評価について、石田郷子・小川軽舟・岸本尚毅・四ッ谷龍の各選考委員が意見を交わしているのだが、四ッ谷龍のある種の激しさに(もちろん、作品の評価をめぐってだが)、他の選考委員は抗しきれないという感じがしないでもない。それだけ四ッ谷龍の田中裕明賞に対する熱意が半端じゃないということなのではないだろうか。とはいえ、今回の候補作をみると、たしかに北大路翼『天使の涎』が句集としては最右翼で相応しい、と思う。もっとも、『天使の涎』が他の俳句関係の協会賞を受賞するとは到底思えない。それだけでも田中裕明賞の価値が上がろうというものだ。ついでと言っては恐縮だが、本書冒頭の受賞作品『天使の涎』から32句が紹介されているが、意外に普通の作品ばかりが大人しく並んでいる(一句独立では弱いか?)。むしろ、選考委員の評議の中で語られた句の方が面白く、受賞作に相応しいインパクトがあるようだ。その意味では岸本尚毅が語っていた、受賞作なし、受賞作ありとすれば北大路翼という、田中裕明賞のもつ性格上の判断は妥当なのかもしれない。
ともあれ、以下に、授賞式当日の吟行句会から一人一句を挙げておこう。

  風鈴の音はじめから狂ひある     藤井あかり
  百日紅人通るたび昏くなる      山口蜜柑
  のぼり来し坂かへりみて空涼し    小川軽舟
  三伏の石階に湯を使ふ音       石田郷子
  カフェに浴衣楽しくなつてゐるらしき 岸本尚毅
  時計草ひらく普通のかくれんぼ    鴇田智哉
  着水は身を平らかに通し鴨      矢野玲奈
  鬼灯とわからぬように置いてある   北大路翼
  人体を象る椅子や蝿が附き      四ッ谷龍
  百日紅紙の音たてくづれけり     鎌田 俊
  首細き人のささやき風知草      森賀まり
  脈々と藤下闇の木肌かな       中町とおと