2017年2月22日水曜日

宮﨑莉々香「さざんかさくかさくかさかぬよははがきらひ」(「円錐」第72号)・・



「円錐」第72号の「俳句トス」という連載企画、セッターが一句を提示して、スパイカーがその句を解釈してみせるという趣向だ。なかなか面白い。いいトスでスパイカーの山田耕司は、いいところにスパイクを決めている。例えば、

俳句トス  私が多行俳句を苦手とするのは、これ迄にそれを書いたことがないからだろう。
                                                                                                        一句セッター  矢上新八
火は放たれき/内耳の/太古の/密林に   高原耕治  
                                                                                                   一句スパイカー 山田耕司

(前略)高柳重信が多行俳句の創始者というならば、したがってそれは過ちである。高柳は、すべての俳句作品の中に沈潜し内在する多行の要素を、見えるように取り出してみせた作家である。
 つまり、高柳重信という視点を得ることで、すべての俳句は多行作品の枠の中にあるものであると思い当たることが可能となったのだ。

その通りだと納得できる。もちろん多行の試み自体は、明治時代から、短歌もそうであったように俳句でもあった。いえば高柳は、多行作品を書くことに殉じた作家だったのだ。

また、こうも述べている。

 多行として構想され読解されることの大切な要素はいくつかあるが、その中でも最大の項目は、言葉なりをリニア(直線)で繋げるのではなく、逆行させたりあえて混線させたりすることで、意味情報として指し示していること以上のイマジネーションを読者の脳に発生させることであろう。

高原耕治の掲句については以下のように結んでいる。言い読みだと思う。

 ならば「密林」という語の斡旋は、もったいない。ジャングルの「なんでもあり」感は、ささやかな芸術的香気を、意味世界にがっさりさらっていってしまうからだ。作者はそのリスクをかねて理解していたかもしれないがあえてそうしてしまったのは、読者への配慮からか。あるいは読者への絶望が不足しているからか。

ともあれ、特別作品からの一人一句を以下に、

   羽切ると枕に聞こゆ寒禽よ     荒井みづえ
   白鳥の水の顔陸の顔思案顔     橋本七尾子
   運動会見下ろす父の肩車      原田もと子
   懐かしくでんして帰る茱萸の家    矢上新八
      【でんして帰る】 何かにタッチをして帰る
   ダム底となる一村の秋の色      丸喜久枝
   冬かもめ君たちに骨ぐみがある   宮﨑莉々香   



            撮影・葛城綾呂↑

閑話休題・・

訃報あり、中村裕氏、19日に逝去。家族にて密葬。後日偲ぶ会を予定。
確か愚生と同年生まれだったような・・・若すぎるか。はるかにご冥福を祈る。

2017年2月20日月曜日

ふけとしこ「椿が赤いぼくが火傷をさせたんだ」(『ヨットと横顔』)・・



ふけとしこ『ヨットと横顔』(創風社出版)はエッセーと俳句の本だ。坪内稔典の帯文にある、

 彼女の特色は草花が大好きなこと。少女時代から草花と共に生きてきた人なのだ。

と言う通り、そのエッセーには、愚生などは到底およばない観察眼が働いている。ところで、ブログタイトルの句だが、どこかで聞いたことがあるようなと思い、記憶を呼び戻し、坪内稔典が毎号、檄を飛ばしていた「現代俳句」に行き着いた。特集は「同時代の散文」、愚生も背伸びをして中上健次論を書いていたのでとっておいた「現代俳句」第6集(南方社、1979年10月発行)の帯であった。
それには、
 
  定型に日が射し秋の風が吹く 火傷しそうな君に会いたい

とあった。たぶん、ふけとしこはそれを知っていたのだろう。

「船団」第84号の変身特集。全員何かに変身して短文を書き、一句を添えよ、という無茶ぶりである。

と「わたしの十句」に記している。そのエッセーには、「美しいと思う。けれども、私が好きなのはやはり、赤い藪椿の花である」と結ばれてはいるが、文面には出てこないものの、きっと坪内稔典に挨拶しているのである、と思いたい。なにしろ、「現代俳句」は坪内稔典が編集した、当時の俳句の新世代を、文字通り牽引していた雑誌であり、「俳句研究」でも「俳句」でもなく、総合誌には相手にされなくても、自分たちで自分たちの句を発表し、批評し、俳句のシーンを変えて行こうと試み続けた場をめざした雑誌だった(各地でシンポジウムもやった)。その在り様は「船団」の船出のときのものでもあった。
ふけとしこ(1946年、岡山県生まれ)の略歴をみて、市村究一郎に師事し「カリヨン」入会、「カリヨン賞受賞」とあった。じつは、いま愚生が勤務している府中グリーン・プラザの会議室で「カリヨンの会」「カリヨン〇〇」などの「カリヨン」の名が付く借主の団体がいくつかある。当初、なぜだろうと不思議に思ったのだ。それらの会は、市村究一郎の死後、雑誌は廃刊されたが、いくつかのグループに分かれて、いまも句会をされているのだった。
ともあれ、エッセイ中、もっとも印象に残った言葉は、

 俳句は言葉でできるもの。対象を如何に納得できる言葉に置き換えることができるか、にかかっているのだ。安易に妥協をせず、耐えて自分の言葉を持つ姿勢に。

である。そして、いくつかの句を以下に挙げておきたい。

  舌といふ隠れ上手を桃の花      としこ
  葛の花顔を濡らしたまま歩き  
  明礬(みょうばん)の少しを量る冬あたたか
  オリオンの腕を上げては星放つ
  マフラーを投げればかかりさうな虹




  

2017年2月18日土曜日

福田若之「成人の日にいないやつから電話」(「オルガン」8号)・・



「オルガン」誌にはいつもながら、対談のテーマといい、語り口といい、愚生など頭の固い年寄りには、理解に苦しむところもないではないが(愚生がダメなだけだが・・)、興味深く読ませてもらっている(愚生より若い世代がどのような姿勢で俳句に向かっているのか)。今号もまた、生駒大祐✖福田若之対談「プレーンテキストってなんだろう」。生駒大祐✖田島健一✖福田若之✖宮本佳世乃の座談会「『定本 三橋敏雄全句集』を読んでみた」。それと「《書く姿勢》と伝統ー堀下翔に答えて  福田若之」。「書く姿勢」について真摯に問われていたことは理解でき、清しい印象だった。ただ、テーマが「書く姿勢」なので、無いものねだりになってしまうが、「伝統」とは何か?という前提について、まったく規定がなかったので、その点惜しかった。もちろん「前衛」と無限定に提出されても同様だが・・・。
プレーンテキストという言葉、横文字に弱い愚生が初めて知った言葉だったが、もっとも興味深く読ませてもらった。それなりに理解はできたものの、そうした意味合いも考えて、句を創ったことがないので、おおそうか、とまるで、若いときに、最初にソシュールや時枝誠記の言語論を読んだときのウーンといった感触だった。
ブログの福田若之の句には、思わず田中裕明「水遊びする子に先生からの手紙」を想起した。
ともあれ、同号から一人一句を以下に、

  フレームのそのままに日の古びたる    鴇田智哉
  朝、醒めたら、原爆になってて落ちる   福田若之
  自転車を漕ぐたびに音クリスマス     宮本佳世乃
  枝がちの空も冷たく古りゐたり       生駒大祐
  昨夜からそこに箱あり深雪晴れ      田島健一



2017年2月17日金曜日

池田澄子「箸置や冥途も年を越すだろうか」(「WEP俳句通信」96号)・・・



総合誌を眺めると、愚生は「豈」同人なので、どうしても「豈」同人の作品や文章を偏愛してしまう。掲載記事の中でも一番読み応えがあって、かつ作品が良いようにおもってしまう。もっとも贔屓の引き倒しにはならないとおもっているが・・。
「WEP俳句通信」の今号では、池田澄子特別作品25句「嬉し」に注目。
 
   膝で折る枯枝の香と音や幸       澄子
   日脚伸ぶとりのお墓にした石に     
   
論では、筑紫磐井「新しい詩学のはじまり(七)ー社会性俳句の形成②/私の伝統論」。
それを、私的な体験と断ってはいるが、1971年頃、

 伝統俳句ブームが生まれるのは、伝統俳句の枠組みの中で、今までの古い伝統俳句(客観写生・花鳥諷詠)でもなく、前衛俳句でも見られなかった新しい俳句が生まれ、それが人々を引きつけたと言うべきなのである。私は、それを「新しい抒情」だったとみている。

その「新しい抒情」の例句を幾人かのいわゆる伝統系の俳人を挙げているが、愚生はまず飯田龍太と野見山朱鳥あたりに指を折りたい。対極にいたのは,いわゆる前衛系と言われた高柳重信だったろう。
あと一人の「豈」同人は、北川美美の「三橋敏雄『眞神』考⑨ 戦火想望俳句と敏雄」である。美美は生前の三橋敏雄に会ったこともないのに、戦前の資料も駆使しながらの敏雄論の展開は力作に値する。愚生よりはるかに若い俳人なので、俳句の状況認識については、一言添えたい部分もないではないが、最初から最後まで新興俳句の人であったという三橋敏雄への想いは正しいと思う。

 リアリズムを超える無季句は、この戦火想望俳句という踏み絵を踏まなければ生まれなかったとも言える。弾圧によって筆を折った先師の憑りつかれた無季への執念、怨念めいたもの・・・そんな背景を知ると、『眞神』冒頭に配される〈昭和衰へ馬の音する夕べかな〉〈鬼赤く戦争はまだつづくなり〉が何か象徴的ですらある。

と記されている。先師とは渡辺白泉である。戦火想望俳句への批判は、そのまま3.11以後の俳句にも、震災想望俳句として、その批判・反批判が亡霊のように現れた。


2017年2月16日木曜日

倉阪鬼一郎「野の果ての砂に埋もれしハープにて風は奏でる始まりのうた」(『世界の終わり/始まり]』・・



倉阪鬼一郎歌集『世界の終わり/始まり』(書肆侃侃房)は著者三十年ぶりの第二歌集だという。愚生は、倉阪鬼一郎が短歌を作っていたなどとはまったく知らなかった。「あとがき」には、

 もともとは短歌を作っていて、俳句へと転向するかたちだったのです。学生時代は早稲田大学の幻想文学会に所属し、幻想短歌会という分科会を主宰していました。(中略)
一九八九年に第一歌集『日蝕の鷹、月蝕の蛇』(幻想文学会出版局)を上梓しました。(中略)
こうしておもむろに短歌を再開し、いまここにようやく成ったのが三十年ぶりの第二歌集というわけです。

とある。 以下のことも愚生は初めて知るのだが、趣味はマラソン、トライアスロン、囲碁、将棋、油絵などというから、怪しい世界の人という印象ではなく、けっこう肉体派かも知れない。因みに本歌集の表紙絵も倉阪鬼一郎だ。
また、オリジナル著書は130冊を超えたという。確か彼が「豈」同人になった頃から専業作家の道を歩んでいる。そのころの小説はホラーで、これでもか、というほど全く救いのない特異な小説だった。もう20年近く前のことだ。
幾つかの歌を以下に挙げておこう。

 キッズスペースで夜もあお向けにされている碧すぎる目の人形たちよ   鬼一郎
 眠れない深夜バスのつれずれに想う世界の終わり/始まり
 風の門は閉った それからを生きるペンギンなど
 肉は駄目だがカツカレーは食すわたしは死ぬまでイデアを食べて 
 見える 本当は呪いがかかっている穏やかな枝ぶりの松ここからは見える
 決定的なことは常に起きてしまっているから海の夕焼があんなにも赤い



2017年2月15日水曜日

山口可久實「善悪を/わきまえぬ木が/さくらです」(『天の道』)・・



山口可久實『天の道 多行俳句+写真』(書肆未定)、1930年、岡山県生まれ。後書ふうの文に、

 俳句をはじめて30年余り「未定」に所属してからも20数年。俳句鍛錬会で高原耕治は高柳重信の言葉「俳句表現は省略ではなく神のごとき統一である」を紹介した。身を置いているところは間違っていないと確信した。

とあった。愚生は、20歳代が参加の条件だった「未定」の創刊同人の一人だが、現在、創刊同人は一人もいなくなってしまったが、「未定」は高原耕治を軸として持続し、近年、多行俳句に特化した同人誌として再出発を果たした。いかにも同人誌らしい純粋化を達成したのである。
本句集は、句のほかに写真が片ページに入っている。そこに登場する人物は、山口可久實の子息・山口健児である。大野一雄の弟子だった、その舞踏を何度か観たこともある。
『天の道』より句のみであるが、以下に少し紹介しよう。

  天上に
     
    空気草履の
     
       音がする             可久實

  少女来て
   蟹の鋏を

    使いけり

  原爆忌
    バービーちゃんに
       HOTOがない



2017年2月13日月曜日

島田牙城「馬驅くる野を燒かんとしためらひをり」(『俳句の背骨』より)・・



『俳句の背骨』(邑書林)、島田牙城の初の単行散文集である。還暦だという。
愚生が最初に彼の世話になったのは、彼が今は無き牧羊社「俳句とエッセイ」の編集部にいた頃のことだ。彼がまだ二十歳を少し出たばかりのころだったかも知れない。愚生がいわゆる総合誌に最初に書いた散文、飯田龍太論の編集担当者だったのだ。詳細は覚えていないが、龍太が何かの賞を受賞して、そのお祝いの企画だったように思う。若かった愚生はそのお祝いに相応しい論を書いたとは到底おもえない。それでも載せてくれた(後日、クビを覚悟したとも言っていたような・・・それとも龍太が怒ったのであったか・・・)。
それ以来、さまざま彼に世話になってきたが、その恩義には、愚生の非力ゆえに報えていない。
本著中「峠の文化としての春夏秋冬ーあるいは『ずれ』といふ誤解について」では、二十四節気は「決め事としての季節」観なのだ、愚生もそう思い始めていたところだったので、素直に納得した。それゆえまた、決め事にしかすぎないのだ、ということも。「ずれ」というからズレる。立春は寒いのだ。それ以上でも以下でもない(年齢を加えてきたり、とくに俳人は季節を先がけ、先取りするよう洗脳されてしまっているような・・)。
ともあれ、波多野爽波や田中裕明のことを語る牙城の語り口は愛に包まれている。
牙城が「龜が哭いた」で、

  どんな例を持ち出してもいいけれど、彼の俳句には、季語を充分に咀嚼してゐる者ににしか近寄れない奥行きがあるのだ。爽波俳句を分からない。難しいといつて遠ざけた俳壇と、裕明俳句を老成してゐるといつて遠ざけようとしてゐた俳壇の趨勢は、同じ根にあると僕は思つてゐる。 

というとき、愚生は(俳壇には疎ったのかも知れないが)、ほんとうにそうだったのか、と少し不思議に思うのである。攝津幸彦とおなじように、かくれフアンも多かったのではなかろうか、そうでなければ、彼等の死後の作品の伝播はありえない。