2018年2月19日月曜日

井口時男「はまなすにささやいてみる『ひ・と・ご。ろ・し』」(『永山則夫の罪と罰』より)・・



 井口時男『永山則夫の罪と罰』(コールサック社)、懇切を極める解説は、コールサック社社主の鈴木比佐雄。その結びには以下のように記してある。

  大谷弁護士は『ある遺言のゆくえ 死刑囚永山則夫が残したもの』(永山こども基金編)の中で、〈一九九七年八月一日、永山則夫は死刑に処せられる直前、「本の印税を日本と世界の貧しい子どもたちへ、特にぺルーの貧しい子どもたちのために使ってほしい」と遺言を残した。〉と記している。その意志を実現するために設立された「永山こども基金」は、遠藤誠弁護士亡きあとも大谷恭子弁護士や市原さんをはじめとする多くの人びとによって今も持続し運営されている。そんな子どもたちの幸福と自立を願う志の中で、永山則夫はこれからも生き続けるに違いない。

また、著者「あとがきー永山則夫と私」の中で、

 人生の軌跡には、どうしても「宿命」としか言いようのない様相がある。永山の生の軌跡にも、丹念にたどれば、このようにしか生きられなかった彼の「「宿命」が見えてくるだろう。「貧しい」人間は生の選択可能性においても「貧しい」のであって、貧困というものの人生論的な意味での恐ろしさはそこにある。ましてや永山は視野も狭い「無知」な少年だった。
 この観点を徹底するとき、「自由意志」などというものは虚構の観念でしかないのではないか、とさえ思われてくる。人はただ、自分でもわからない無数の錯綜した諸原因に強いられて行動しているだけではないのか。だが、たとえ虚構であっても自由な意志を仮定しない限り、人間の尊厳は保てない。そして、自由な意志が判断し選択した行為の結果に対しては、人は責任を負わなければならない。
 本件の四件の犯行のうち、最初の二件は偶発的なものだが、あとの二件のタクシー運転手射殺は強盗目的の意図的な犯行である。彼は取り返しがつかないという絶望の中で、「せめて二十歳のその日まで、罪を犯しても」生きることを決意したのだったから。

と述べている。永山則夫は1968年10月から11月にかけて、東京、京都、函館、名古屋と4人をピストルで殺害した。翌年4月7日に逮捕、当時19歳だった。彼は1949年(昭和24年)6月 北海道網走市呼人番外地で 8人兄弟の7人目の四男として生まれた。愚生とは一歳違い。愚生が故郷山口を18歳で出て、京都にいたときに、確か八坂神社でその一つの殺人事件は起きた。そしてのちの彼の獄中ノート『無知の涙』によっていくばくかのことを知るのだが、明確に永山則夫を意識したのは、随分時代が死刑廃止運動の高揚のさなかで死刑が執行されたように記憶しているのだ。
愚生は、本書の井口時男のように永山則夫に関わったわけではないが、本書には、永山則夫を語りながら、やはり著者自身の思考の切実な有り様をみているようなことしかできない。



 ともあれ、俳句を読むことはぼくにもできるかもしれない、と思うので、井口時男が「てんでんこ」第9号(七月堂)に掲載した句群からいくつかを以下に紹介しておこう。

   松之山・坂口安吾記念館(村山家旧宅)
   玄関正面の大花瓶に十本ものまむし草が無造作に挿してあった。
  まむし草活けて安吾の一睨み
  つゆくさに黄金(きん)の蕊あり原爆忌
  水の秋鷺は鷺どち鵜は鵜どち
    故・光部美千代さんに
   宮坂静生氏によれば、光部さんが信州大学の学生句会で最初に作った句は〈ヒヤ
   シンス日数かぞへてごらんなさい〉だったという。
  消息は以来途絶えて風信子(ヒヤシンス)
  秋天やタバコ手向ける墓は一つ
  ライターの燧石(ひうち)が軋る寒鴉

















 

2018年2月18日日曜日

川島紘一「無人駅野焼きの煙入線す」(第176回遊句会)・・


こどもの城跡・岡本太郎作品↑


      旧暦12月25日(本年は2月10日)は春星・蕪村忌↑

先日、2月15日(木)は恒例の遊句会(於:たい乃家)だった。うっかり会場風景を撮り忘れてしまったので、同日昼間に通りかかかった場所にあった岡本太郎の作を掲げ、さらに句会のあとの二次会で、二時間にわたり蕪村の蘊蓄を披露して倦まなかった渡辺保に敬意を表して、彼の撮影した蕪村関連の写真を上掲にしました。
ともあれ、以下に一人一句を挙げておこう。兼題は、雨水・野焼・鮟鱇であった。

   雨水あり水車ゆるりと廻り出す         天畠良光
   (ほころ)ばぬ蕾(つぼみ)を叩く雨水かな  川島紘一
   阿蘇野焼き火の国の原空(そら)近し     春風亭昇吉
   雨水なる節気に惑いコート替え         山田浩明
   野を焼いて持論放棄の日となせり        武藤 幹
   鮟鱇に負けぬ大口熟女鍋            橋本 明
   吊鮟鱇身を削がるとき目の寄りぬ        石原友夫
   水戸っぽの議論沸騰鮟鱇(あんこ)      渡辺 保
   熟睡の黒土起こす雨水かな          山口美々子
   (とが)なくて鮟鱇吊るし刑に死す      村上直樹
   三拍子キラキラ窓打つ雨水かな        中山よしこ
   雨水(うすい)また雨水(あまみず)と読み温みける 大井恒行

欠席番外投句は、

  履歴書の楷書光りて雨水かな       林 桂子
  骨折の患者の減りて雨水かな      原島なほみ
  葉を包む冷気を払う雨水かな       石川耕治 

次回、3月15日(木)の兼題は、春雨・目刺・燕と当季雑詠。




★閑話休題・・・・

遊句会の翌日、2月16日(金)は、アルカディア市ヶ谷で行われた第32回俳壇賞・第29回歌壇賞の懇親の集い(本阿弥書店)に出席した。旧知の方々とも久しぶりの再会を喜んだ。この歳になるとそのような気にもなるものである。ともあれ、以下に各受賞者の二句、二首を紹介しておこう。

  穂絮ぶ笠がけ馬の駈けし野を    篠遠良子
  的を射る九月の畳軋ませつ 

  なにゆゑに逃げざりしかと問われゐつ共犯を追い詰むる口調に 川野芽生
  つきかげが月のからだを離るる夜にましろくひとを憎みおほせつ





雑詠

2018年2月17日土曜日

大井恒行「千羽鶴その眼幾万幾億や」(府中市シルバー人材センター第7回ふれあい作品展)・・・




棟方鷹揚・モザイク画↑

             清水正之・書↑(愚生の句4句を書く)

 愚生の職場である府中グリーンプラザ5階展示ホール(京王府中駅直通)に於て、第7階ふれあい作品展が開催されている(16日~明日18日午後3時まで)。ふれあい作品展は公益社団法人府中市シルバー人材センター主催(後援・公益財団法人 府中文化振興財団)で、会員の作品が主要に出品されている。愚生の俳句4句をペン字の書にしてくれた清水正之と職場の先輩の棟方鷹揚のモザイク画を紹介しておきたい(上の写真・携帯の写真でいまいちピントが合っていないが・・)。
因みに「ふれあい作品展」の挨拶には、

 当センターは、公益社団法人として60歳以上の健康で働く意欲のある府中市民を対象として、地域社会と連携を保ちながら就業、社会奉仕活動等を通じ、生きがいのある充実した生活を送っていただき、高齢者の能力を活かした地域社会づくりに寄与することを目的としています。

とあった。 




★閑話休題・・・・・

 以下はシルバー繋がりで「俳句はシニアの最高の脳トレ『黎明俳壇』」第2号を紹介したい。第2号は第4回~第6回シニアのための黎明俳壇入選作が発表されている。選者は武馬久仁裕(黎明書房社長・俳人)である。特選のみだが以下に挙げておこう。

  日盛りに阿蘇の天然水を飲む      滝沢和枝(第4回)
  着信音わたしを捉え秋来る      甲斐由美子(第5回)
  稲刈りもした新婚時代の空の色    三島ふさ子(第6回)

因みに投句料は無料でハガキでネットで気軽に応募して下さい、とあったのを以下に紹介しておこう。

 ・未発表作品、二重投句、選者が添削する場合もある。また投句の際は名前(ふりがな)、住所、電話番号は明記することとある。詳細は「黎明書房」ホームページを見て下さい。
 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-6-27 EBSビル 
  黎明書房 黎明俳壇係、
E-mail: mito-0310@reimei-shobo.com







2018年2月16日金曜日

野村朱燐洞「はるの日の礼讃に或るは鉦打ち鈴を振り」(「子規新報」第2巻第65号)・・



「子規新報」第2巻第65号は、特集「野村朱燐洞の俳句」である。朱燐洞(しゅりんどう)は本名守隣(もりちか)1893年11月28日~1918年10月31日。享年26.現松山市小坂生まれ。号ははじめ短歌を学び「柏葉」と号し、俳句においても当初は「柏葉」。「層雲」では朱燐洞、さらに朱鱗洞と使い分けた。23歳で「層雲」選者になり、後継を期待されたが、スペイン風邪、今でいうインフルエンザによって脳膜炎を併発急逝した。
 本誌の特集のなかでは、とりわけ寺村通信・小西昭夫の対談が面白く、かつ大よその朱燐洞像が窺える。松山では朱燐洞は子規の再来と言われたとか、朱燐洞の墓は見つけることができたが、昭和45年に大分で発見された位牌は、再び行方不明になっているとか・・・。あるいは、朱燐洞「かゞやきのきわみしらなみうちかえし」の句は、俳句的な音律で、分析すると、普通の五・七・五とは違う、「かゞやきのきわみ、しらなみうちかえし」で在来とはちがい、今でいう「句またがり」の手法など、当時では新鮮なリズムだ・・・とか。
 そして、小西昭夫は「編集後記」に、

 ぼくや東英幸、岡本亜蘇は幸せなことに生前の高木和蕾と何度か句座を共にすることができた。和蕾は川本臥風時代の「いたどり」に参加しており、われわれも旧制松山高校俳句会、その後身の愛媛大学俳句会を御指導くださった川本先生とのご縁で一緒の句座を囲むことができたのである。
 和蕾は、種田山頭火の松山時代には山頭火と一緒の句座を囲み、山頭火最後の句会にも同席していた。山頭火の人気が高まってくる中でも、和蕾は「わたしは朱燐洞の弟子です」と言い続けたことが今でも強く印象に残っている。

と記している。ともあれ、朱燐洞のいくつかの句を挙げておきたい(引用句は、子規新報と層雲第三句集『光明』より)。

  ついついとんぼいつまでの夕明りかな    
  そぞろ歩くにあたたかく星かくれたり
  人は林にいこひ林の鳥は啼き
  するする日がしづむ海のかなたの国へ
  墓を去らんとし陽炎うてをるよ
  陽のましたへ舟をやりたしうしほがあふれ
  小鯛きんきん光りはねしが手にしたり
  闇にすっかりひらいたる桜にあゆむ
  空仰げば紺青の海高まさる
  かゞやきのきはみしら波うち返し






2018年2月14日水曜日

阿部靑鞋「わが前にくるほかはなき冬日差」(「綱」特別号)・・




「綱」特別号、「阿部青鞋没後30周年顕彰『靑鞋』」(限定300部、発行者・小川義人、発行所・福島經子)の冒頭のページ、永礼宣子「初めの一歩」に、

 わが師白石不舎が、生前目標にしていたことに「作州・三俳人の句碑建立」があった。
  三俳人というのは、西東三鬼、安東次男、阿部青鞋のことである。(中略)
 師から妹尾健太郎編『俳句の魅力 阿部青鞋選集』を見せられた時、仰天して、(青鞋はこんなすごい俳人だったのか)と思った。その作風は誰にも似ていなくて、俳句は摘みたての魂のように新鮮だった。

と述べられている。また、遠山陽子「阿部青鞋と三橋敏雄」には、

 敏雄は靑鞋を深く敬慕し、青鞋も敏雄の才能や人間性を愛した。昭和十七年、敏雄が自宅でささやかな結婚式を挙げたとき、青鞋が仲人をつとめた。
 秋風や畠にころぶ瓜の縞     羽音
 赤蜻蛉風の上とて揃ひをり    雉尾
羽音は青鞋の雉尾は敏雄の当時の雅号である。

とある。他に、青鞋にまつわる実娘や綱俳句会に集う人々のエッセイや一句鑑賞、靑鞋の句選抜集、略年譜、さらには、青鞋が作詞・作曲した唄「海田茶摘み」も掲載されている。エッセイでは多く、青鞋の人となり、生活ぶりなどが語られ、青鞋が多くの人達に愛されて、親しまれていたことが窺える内容である。例えば、小川蝸歩「俳縁奇縁(青鞋さんと不舎先生)」では、

 平成七年、第二回「西東三鬼賞」の翌日、「綱」の主宰、白石不舎による企画「阿部青鞋と渡邊白泉の旧跡を訪ねて」と題して岡山県英田郡美作町で講演がなされた。講師は不舎の盟友、三橋敏雄で講演終了後、三橋敏雄、鈴木六林男、佐藤鬼房の選者たちと参加者が津山から仕立てたバスで青鞋ゆかりの同町、海田地区まで足を運んでいる。(中略)
 津山は西東三鬼により俳句の街づくりを始めて久しい。私はこの地が阿部青鞋により俳句の街になることを夢見ている。

と抱負を語っている。ともあれ、本書のなかから、阿部青鞋の句をいくつか以下に挙げておこう。

  虹自身時間はありと思ひけり     靑鞋
  想像がそつくり一つ棄ててある
  柚子の木に柚子の実なくて雪がふる
  半円をかきおそろしくなりぬ
  日本語はうれしいやいろはにほへとち
  金魚屋のなかの多くの水を見る
  生活をしてをれば咲く八ツ手かな
  ゆびずもう親ゆびらしくたゝかえり
  必要な虹のかたちを議論する
  てんぷらのあがる悲しさ限りなし
  おぼろ夜をしばしわたくしして歩く  

阿部青鞋(あべ・せいあい)、大正3年11月7日、東京都渋谷区生まれ。平成元年2月5日死去。享年74.





2018年2月13日火曜日

山田佳乃「神々の高さに鷹の光りをり」(『波の音』)・・・



山田佳乃第二句集『波の音』(ふらんす堂)、集名は次の句に因むものだろう。

   波音が好きで遺愛の冬帽子     佳乃

著者「あとがき」には、

 私は二〇一二年夏に大きな手術をいたしました。術後左耳の聴力、三半規管を失い、後遺症が残ることとなりました。そんな状態でも、俳句だけは不自由なくでき、積極的にでかけて参りました。満身創痍の状態でしたけれども、今では一見何事もなかったようです。 

とあり、この「あとがき」を読むまではまったく気が付かなかったのだが、集中に音の句、もしくは音に類する句がいくつかあるのに気を留め、読みすすめていた。例えば、

  炮烙の音のぞきこむ壬生狂言
  秋の日の沈む風音たてながら
  古時計巻き戻す夜の虎落笛
  玉砂利を踏む底冷の底の音
  波音が好きで遺愛の冬帽子
  錫杖の春の光りの音となる
  雨音のやめば鳥声春障子
  兄さんの草笛に音重ねけり
  とんとんと風踏み郡上踊かな
  遠吠えに返すものなし春星忌

 ことさら結び付けようとは思わないが、左耳の聴力を失う、とあったので、改めて少し思いを馳せたのである。母上の山田弘子には生前一度だけお会いしたことがある。まさに急逝だったので、娘の山田佳乃には、俳句をやっていたとはいえ、覚悟無き主宰継承となったのではないかと推測、それなりの苦労があっただろうと思う。
 ともあれ、集中よりいくつかの句を以下に挙げておこう。
 
  下宿屋の煙草の跡も畳替
  触れ合へばすぐに壊れてしやぼん玉
  赤子みな救世主めくクリスマス
  春風や首で争ふフラミンゴ
  茶の花の包みきれざる黄を零す
     金丸座
  花道を朧にしたる紙吹雪
  睡蓮や手窪のやうに日を受けて
  咲き残るものに縋りて冬の蝶

山田佳乃(やまだ・よしの)、昭和40年大阪生まれ。



  

2018年2月12日月曜日

宮本佳世乃「ふくろふのまんなかに木の虛のある」(「オルガン」12号)・・・



「オルガン」第12号には、いつもながら興味深い記事が載っている。今号も外山一機と福田若之の対談、浅沼璞と柳本々々の往復書簡「字数の問題をめぐって(卷3)」、特集は、「田中惣一郎『一日泡影』を読む」や連句興行など・・。
 外山一機と福田若之の対談はとりあえず、現在の若い俳人がどのような意識で俳句に向かうとしているのかが、伺えて、実に面白いものだった。発言の微妙なニュアンスもあるので、興味ある方は、直接本誌に当たられるのがよいだろう。なかでは、福田若之の以下の発言にその真摯さが貴重なもののように思えた。

 とにかく、俳句表現史を経て獲得されるのは、結局のところ、他の誰かよりも新しいというような新しさでしかないけれど、そうじゃなくて、誰とも比べることができないがゆえに鮮しいという、そういうところに僕は行き続けたいと思うんです。 

 もっとも、始終挑発的に発言し続けているのは外山一機で、それに対して福田若之が誠実に答えるという印象だったが、それでも外山一幾の書く批評文の分かりづらいところの在処については幾分なりとも正直に発言していたように思う。気になった点といえば、しばしば「『鬣』の人たち」という物言いがでてくるのだが、一機自身が「鬣」同人なのではないか、と、つい突っ込みを入れたくなるのは、愚生がいくばくか歳を取り過ぎているせいなのだろうか。
 ともあれ、以下に宮本佳世乃の「祝・現代俳句新人賞」の歌仙「まんなかに」の卷(捌・浅沼璞)のオモテ六句、ウラ二句までを引用し、同人の一人一句を挙げておきたい。

     歌仙「まんなかに」の卷

   ふくろふのまんなかに木の虛のある   宮本佳世乃
    みみは奥までぬける凩        浅沼 璞
   風流の初いねがてなほうたひ      福田若之
    碑が文字かくもやはらか         鴇田智哉
   船べりに月さしひとり女の子      宮﨑莉々香
    港に親のふえる十月         田島健一
 ゥ
   トイレットペーパーすーつと晩秋へ   北野抜け芝
    ペリエの壜の指紋みつめて      大塚 凱  


  葉を偸む死にいちだんと綺麗な葉      田島健一
  旅客機のまるごと消えて冬のくれ      鴇田智哉
  鯨、可能性から解き放たれて青空      福田若之
  ブーツが汝が地下鉄に花束が我が      宮﨑莉々香
  一頭の吊るされてゐる空ッ風        宮本佳世乃