2016年8月26日金曜日

鈴木志郎康「俺っちは化石詩人になっちまったか」(『化石詩人は御免だぜ、でも言葉は。』)・・・



81歳の鈴木志郎康の詩集『化石詩人は御免だぜ、でも言葉は』(書肆山田)が上梓された。
愚生が学生の頃、1970年代、現代詩は全盛のように思えた。その中でも鈴木志郎康はプアプア詩人として「極私的」詩を発表し続けていた。
それは今も変わっていない。「あとがき」に、

 この詩集も自分のことばっかりです。そこで、この詩集に収めた詩は「極私詩」というのがふさわしいと思いましたね。「極私詩」、なんかかっこいい。
とにかく、書き手の詩人がごちゃごちゃと自分のことを書いた詩なんです。主題を読者と共有して感動をもたらし、普遍性を追求する詩と違い、主題を「わたし、あたし、俺っち」の生活とこだわりに限って口語調で語っていく詩なのですね。まあ、読んでもらって、ひとりの詩を書く老人の存在を感じてもらえば、幸い、というわけです。

と記しているが、元をただせば「極私的」という言葉も志郎康の造語だったように思う。
本詩集は2015年3月から2016年4月までに書かかれたもののようである。タイトルにした「俺っちは化石詩人になっちまったか」はweb詩誌「浜風文庫」に発表された詩である。
鈴木志郎康の生活ぶりは「あとがき」に詳しく書かれているので、多くは記さないが、要介護の生活で、介護タクシーで病院に通ったり、それでもその日常から「言葉を貰うというのが、詩を書く上で大変励みになる」という。
恣意的に一番短いと思われる詩を以下に紹介しておきたい。

   ドブチャクが続いて困ったもんだ。


ドブチャク、
ドブチャク、
トップチャックならまだしも、
ドブチャクはいけません。
でも、
ドブチャク、
ドブチャクが続いているんですね。
困ったもんだ。
ほら、
また、
ドブチャク、
ドブチャク。



2016年8月22日月曜日

宮澤明壽「かうやつて戦争は来る鶏頭花」(『そらまめ』)・・・



宮澤明壽第一句集『そらまめ』(青磁社)の集名の由来は、次の序句より。

   そら豆や黙認の眼となりゐたり      明壽

宮澤明壽(みやざわ・めいじゅ)昭和5年、東京生まれ。句集には平成2年から28年の句を選び収めたとあった。
句歴は「炎環」(石寒太)、「雁坂」(中嶋鬼谷)、「扉」(原雅子)とある。
著者の住所をみると埼玉県在住とあるのに、京都の青磁社からの刊行とは少し変わっている。もっとも歌人の方々にはなじみの深い、良い仕事をしている出版社。本著『そらまめ』も装幀・造本は、愚生の好みである。
ともあれ、いくつかの句を拾って紹介しておきたい。

    さみだれの上がりし道の匂いかな
    グスコーブドリ弐圓弐拾銭曝書
    ねぢばなのねぢれはじめのはなひとつ
    しんがりの影は踏まれず雲の峰
    遠い日になるのが怖し酔芙蓉
    ちりぢりに別れて駅の秋夕焼
    晩年の永き有耶無耶寒に入る
    蹤きてくる足音の外れ冬の霧

開巻は眼の句、巻尾も目の句であった。

    綿虫のゆくへ私の目の行方



                  クワ↑

2016年8月21日日曜日

本井英「秋風の聞こえはじめてやがて吹く」(『開落去来』)・・・



本井英は第4句集『開落去来』(ふらんす堂)の書名の由来を、「あとがき」に

 書名の「開落去来」は、私が大切にしている虚子の次の言葉からとった。

 人生とは何か。私は唯月日の運行、花の開落、鳥の去来、それ等の如く人も亦生死して行くといふことだけを承知していゐます。私は自然と共にあるといふ心持で俳句を作つてゐます。
                                     (「ホトトギス」昭和二十四年四月号) 

と述べている。自らの達観もそこに求めているのだろう。またそのことを仁義として「花鳥諷詠」の根本的立場だと示している。
ともあれ、いくつか句を挙げておきたい。

      虚子に〈廃川に何釣る人ぞ秋の風〉の句あれば
   廃川に釣る杞陽ぞ秋の風
   按ずるに「みや」と啼くゆゑ都鳥
   火の山の裾や夏野を貼り合はせ
      俳誌「夏潮」を思えば
   討死も覚悟の一誌獺祭忌
   とつとつとつとつとつとつとつ狐去る
   停車駅ではゆつくりと降れる雪
   蟻の道仲良しなどはをらぬらし
   寒禽の声からみけりちぎれけり
   数珠玉のまだ色づかぬ青二才

本井英(もとい・えい)、昭和20年、埼玉県生まれ。




2016年8月18日木曜日

打田峨者ん「落書あり≫NO MORE PEACE!!≪蓮は実に」(『有翼樹』)・・・ 




句集『有翼樹』(書肆山田)著者・打田峨者ん、1950年東京小金井生まれ。俳諧者、なぐり描き俳画者(内田峨(たかし)。
「追書」に、以下のように記してある。

  本書、第三句集には一九九八年から今春までの二三八句を収め、編集は四季別の部立(雜(ぞう)を含む)に加えて「句日記」と「連作」、それら本文の前後に、¨さきぶれ”及び”なごり”の句を据えて構成した。既刊二句集との句の重複はない。

また、冒頭には、

 俳句の言葉は、およそ個体であり、言うに事欠いて言えば”物塊¨である。折々ややもすると、あたかもそれが二本の指もしくは割り箸を使って、又はピンセットを以てヒョイと抓み上げることができるものででもあるかのような、そんな心持にさせられるのは、ひとり天涯に此の私だけであろうか❓(仮に私だけであったとしても、私はその運命を甘受し、あまつさえ運命愛(アモール・ファティ)へと育成するに毫も吝かではないのであるが――)

と述べ、後半に至るに、

ジャンク・アートやノイズ・ミュージックとして概念化され、洗練(無毒化)されて、¨市民権¨を得る前のノイズそのもの、ジャンクそれ自体としての音塊を、変則的リズム・ショットとして投げ込んでは亀裂の如き余白態を創り出すジェイミー・ミューアの言わばダダ的方法意識 ̄― これは私の中で、日本近代に於る¨常ならぬ人¨赤尾兜子の実験的俳諧精神とそのフモールの丹田に於て累(かさ)なり合うのである。

と言挙げしている。句歴28年、無所属、常に単独で俳諧・俳句をなしてきた打田峨者んの志と方法をよしとしよう。その昔?赤尾兜子こそはもっとも前衛的と云われた詰屈とした文体を生み出していた俳人だった。
打田峨者んのいくつかの句を挙げておこう。

    雨一番 鉄葉(ブリキ)に春のオクターブ        峨者ん  
    天金に明治の塵や鷗外忌
    本盗の束の間 帰燕の夕間暮
    古書市や傍線紅き『智恵子抄』
        1945.8.15
    「せしめたり」―-雑音(ノイズ)を玉(ギョク)とせしめたり
        2011.3.12―-極東アニミズムの不意の黄昏
    原発忌 山川草木国土悉皆
        9.19(土)未明――アメリカに牛耳られ安保法制
        可決。戦後七〇年目の秋の事、折しも子規の忌日
    終りたる長き「戦前」 柿を剥く
    




2016年8月17日水曜日

浅沼璞「敗戦忌かそけき箸の音ばかり」(「俳諧無心」句会)・・・



昨日、16日は江古田・旭丘集会所で「俳諧無心」の句会に招かれ参加した。
夏休み期間中とあって、帰省する学生もおり、いつもの会よりも人数が少ないということであった。
台風7号が接近し風雨の心配あって、少し早めの散会となった。
浅沼璞の日大ゼミを中心とする会で、愚生にとっては若い人たち、学生の感受性の今を垣間見ることができ、いい勉強ができた。
それは、たぶん、今も昔も変わないことだとおもうが、文芸に限らず、その時代の感受と認識を携えてくるのは、若い世代であり、次の新たな作品を生みだす力と土壌も必ずそこに胚胎するということを、改めて思ったのだった。
未熟という不足は、そのまま未来への志を満たすエネルギーを醸成するはずだ。
句会は当季雑詠3句とその批評ののちに、出自が連句の会であるからだろう、当日の句から、各人が「三つ物」を浅沼璞先生の指導のもとに作った。
ともあれ、当日の一人一句を挙げておこう。

     垂直につり革垂れる原爆忌        みなまだ けい
     盆踊り持たざる者の強さかな       椿 屋烏
     ともだちのメールを消して秋の聲     西原紫衣花
     風死して銀行前の影を見る         瀧本真知子
     星合や線路の上に立つてみる       副島亜樹
     ビン底の逆さセピアよ白芙蓉        加藤湖標
     これからの氷菓のことを話し合ふ     浅沼 璞
     つぐなえる死などはなくて母の秋     大井恒行



 

2016年8月14日日曜日

石塚真樹「万の瞳(め)を見て月白の被爆船」(「俳句人」NO.664)・・・



「俳句人」NO.664(新俳句人連盟)は「平和特集「2016・憲法が危ない」である。特別寄稿に石寒太、筑紫磐井、衣川次郎、田中亜美が句とエッセイを執筆している。
時評「青い空から誰が、何を」の田中千恵子は、松尾あつゆき「なにもかもなくした手に四枚の爆死証明」の句を冒頭に掲げたのち、最後に以下のように結んでいる。

 広島の原爆ドームを背にして、安倍首相はオバマ大統領と共に、「核なき世界を必ず実現する」と誓ったはずだ。その言葉を空手形にしないでほしい。私たち俳人は、二度と松尾あつゆきのような慟哭の絶唱を詠いたくない。詠う状況を作ってはならないのだ。

明日は敗戦忌である。平和な生活こそが希望を得ることのできる礎なのだ。あらためてその困難な実現に思いをいたしたい。
以下に平和特集の句を掲げておきたい。

    春の月またも原発再稼働        石 寒太
    戦争に美学と違ふ大義あり       筑紫磐井
    国家てふ屋根石重しデイゴ咲く     衣川次郎
    白靴もハンカチも無く敗戦忌       田中亜美
    軍事基地囲むたんぽぽ坩堝なす    入江勉人
    B29無人機となる積乱雲         近吉三男
    とんぼ死す目玉に映る核の雨      柚田重代
    咲く薔薇の真中にある第九条      丹生幸美
    エプロンを丸め街宣夕焼くる       菅谷かしこ




2016年8月13日土曜日

山口剛「戦争が近くなりたる百日紅」(「祭」第55号終刊号)・・・




昨年10月12日、山口剛(やまぐち・ごう、本名 中野剛)は食道がんで亡くなった。享年67。まだ若すぎる、という口惜しい死であった。
このたび「祭」終刊号が、彼の元に残されていた原稿類とともに夫人・中野美智子の手によって発行された。ブログタイトルに挙げた「戦争が近くなりたる百日紅」は、昨年8月、最後の句会に出句されたなかの一句である。
追悼の「山口剛を偲ぶ」では、河村正浩、青木澄江、村上あかね、柳田芽衣、古里昭夫が寄稿している。
彼は、上京するたびによく津沢マサ子宅を数人の俳人ととも訪ねていた。愚生も何回か同行させてもらったことがある。
夫人・中野美智子の「あとがき」の中には、

 会員の皆様方より多くのご支援を頂き、また、遠方より沢山のお励ましのお便り、お言葉を頂戴し、55号を最終号として形にすることとしました。今回遺された資料から夫が55号に掲載したかった事柄を充分に載せることが出来たかは定かではありません。素人の私では夫の立場で判断する術もなく、皆様のお力をお借りして、何とか「祭」最終号を発行することが出来ました。本当にありがとうございました。

とあった。以下に河村正浩の「剛さんとの思い出、そして句集より」の中から、河村正浩の追悼句とともに、山口剛のいくつかの句を引用して挙げておきたい。合掌。


    一月一日この山川を贔屓する    剛
    寒牡丹の芯は確かに海鳴りで
    この国はすでに戦前蛇の衣
    母老いて北の渚のようである
    晩年へ眼をみひらきて初桜
    予告編みるように雪見ておりぬ
    白鳥の帰心われらは手をつなぎ

    浄土へと君秋風とになつて行く(弔句)    正浩
    残照の海にいつまで冬の日矢(追悼)



                シロサルスベリ↑